ホーム > 入学案内 > 北大を知る > キャンパス情報


入学案内

キャンパス情報



  

【広大な自然と四季折々に美しい札幌キャンパス】

 北海道大学は、札幌市の中心部(札幌駅から歩いて約7分)に緑いっぱいのキャンパスを有しています。その広さはおよそ東京ドーム38個分!上空からみた本学札幌キャンパスはまるで都会のオアシスのよう。
 春は桜を始め花が咲き乱れ、中央ローンでお花見をすることができ、夏は涼しく(めったに30℃を超えない)、秋は黄色に色づいたイチョウ並木がたくさんの人を呼び、冬は北海道ならではの、白くて美しい雪景色を楽しむことが出来ます。

【実は意外と都会なんです】

 190万人都市、札幌。その札幌市の中心部に位置している本学の周辺は、構内とは対照的に高いビルが立ち並ぶ都会そのものです。
 本学札幌キャンパスの最寄駅である札幌駅は、2003年にJRタワーが開業してから乗降客数が1日平均18万人を超える札幌市の玄関口であり、そこから、たくさんの札幌市民や観光客が訪れる「大通」及び「すすきの」エリアへは、本学札幌キャンパスから徒歩(もしくは自転車)圏内です。
 本学構内で美しい自然に触れ、構外では都会的な生活を楽しむ・・・自然と都市の調和がとれた絶好の環境に立地しています。

【水産学部のある函館は,歴史に彩られた坂と港の町】

 水産学部の学生は、3年生の4月から函館キャンパスでの学修が始まります。函館駅前からバスに乗って約20分で到着します。
 函館は、今もなお幕末~明治維新の歴史とロマンに彩られ、とても美しい町並みを有しています。また、海産物のおいしい街としても有名です。
 函館は札幌からJR(特急)で約3時間20分。水産学部の友達が函館に移ったら、旅行がてら訪ねてみるのもいいかもしれません。

【キャンパスツアーに参加しよう】

 「北大キャンパスビジットプロジェクト」では、例年初夏と秋に現役学生スタッフによるキャンパス内ツアーを行っていますので、興味のある方はホームぺージをチェックしてみてください。一足先に本学に入学した先輩達からお話を聞きながら、実際に本学キャンパス構内を歩き、学生になった気分を味わってみましょう。

【北海道大学への訪問(高等学校向け)について】

 北海道大学への訪問(高等学校向け)についてでは、主に修学旅行及び総合学習等の一環で本学を訪れる方への案内を掲載しています。基本的に、「北大自由散策ツアーコース」を見ながら自由に見学していただく形となりますが、申し込み方法等の詳細についてご確認ください。

 

ページの先頭に戻る