北海道大学大学文書館は、北海道大学に関する歴史的な公文書及び各種資料を収集・整理・保存し、調査研究等を行なって、展示・公開等の利用に供しています。大学文書館は、2017年4月に公文書室と沿革資料室を設置しました。


 (1)公文書室

 公文書室は、公文書管理法関係法令に基づく「国立公文書館等」の指定を受けた施設です。北海道大学の歴史公文書等(歴史資料として重要な公文書等)の移管を受け、保存・公開を行ないます。
 公文書室が担当する主な業務は、以下の通りです。
  
  @北海道大学の法人文書の集中管理
  A特定歴史公文書等の保存・公開

 (2)沿革資料室
 沿革資料室は、公文書管理法関係法令に基づく「歴史資料等保有施設」の指定を受けた施設です。北海道大学に関係する歴史資料等(歴史的若しくは文化的な資料又は学術研究用の資料)を収集し、適切に管理して、閲覧等の利用に供します。
 沿革資料室が収集・所蔵する主な資料は、以下のようなものです。
  
  @北海道大学の卒業生・教職員や関係者が保管されてきた写真、
   書簡、講義・受講ノート、日記、原稿、記念品等の個人資料
  A北海道大学に関係する組織(研究室・講座、学生寮、部・サークル、
   同窓会、その他の各種団体など)の関係資料
  B北海道大学に関係する刊行物