北海道大学 > 安全衛生本部 > 北海道大学の安全管理 > エックス線装置等


北海道大学

エックス線装置等

エックス線装置等の設置・廃止等の届出について

労働安全衛生法に基づく,各種届出書等の様式を掲載しています。

本学においてエックス線装置等(電離放射線障害防止規則第15条に掲げる装置)を設置,移動,廃止する場合には,以下の届出が必要です。

1.エックス線装置等を新たに設置する場合(工事着工日の40日前までに提出)

(1)機械等設置届(様式第20号)
(2)放射線装置摘要書(様式第27号)
(3)放射線装置室適要書(様式第28号)※放射線装置室を設ける場合のみ提出
(4)エックス線装置等を用いる業務及び作業工程の概要(様式任意)
(5)管理区域を示す図面(管理区域が装置内部の場合も必要)
(6)大学構内における装置の位置(棟及び部屋)を示す平面図
(7)エックス線装置等のカタログ
(8)放射線装置設置連絡票(様式1)
提出部数:(1)~(7)2部,(8)1部
 ※1 異なる事業所から装置等を移転する場合は、新たに設置する扱いとなります。
 ※2 工事を行わず設置する場合は、工事着工日を設置日に置き換えてください。
 ※3 ハンディタイプの機器の場合は、工事着工日を機器の納品日に置き換えてください。  

 

2-1.エックス線装置等の移動を行う場合(工事着工日の40日前までに提出)

(1)機械等移転届(様式第20号)
(2)大学構内における装置の位置(棟及び部屋)を示す図面(移転前及び移転後)
(3)設置時の届出書類の写し
(4)放射線装置移転連絡票(様式1)
提出部数:(1)~(3)2部,(4)1部

2-2.エックス線装置等の移動を行う場合(可搬式の場合)

(1)放射線装置移転連絡票(様式1)
(2)大学構内における装置の位置(棟及び部屋)を示す図面(移転後)
提出部数:(1)1部

3.エックス線装置等を廃止を行う場合

(1)放射線装置廃止連絡票(様式1)
提出部数:(1)1部

4.すでに届出済みの内容について変更を行う場合

(1)放射線装置変更連絡票(様式1)
提出部数:(1)1部

5.電子顕微鏡についての留意点

①1メガ電子ボルト以上のエネルギーを有するエックス線を発生する電子顕微鏡
→ 放射線装置となりますので,所属部局の放射線取扱主任者へ相談願います。

②1メガ電子ボルト未満のエネルギーを有するエックス線を発生する電子顕微鏡
→ 所管の労働基準監督署へ届出を行う必要はありませんが,本学放射性同位元素等管理委員会への届出が必要です。設置後速やかに,所属部局の担当係を経由して総務企画部総務課安全衛生室へ放射線装置設置連絡票(様式1)を提出してください。

6.エックス線装置登録番号について

①設置:エックス線装置等の届出が総務企画部総務課安全衛生室,労働基準監督署へ受理されると,機械等設置届(様式第20号)の写しとエックス線装置登録番号が採番され,エックス線装置登録番号シールを送付いたしますので,装置管理者に確認のうえ,エックス線装置等に貼付願います。また,鏡筒用シールが必要な場合は,総務企画部総務課安全衛生室までご連絡願います。

②移動:管理部局等が変わってもエックス線装置登録番号は変わりません。また,エックス線装置登録番号シールも新たに送付されません。

③廃止:放射線装置廃止連絡票に記載のエックス線装置登録番号は欠番扱いとなります。

エックス線装置等にかかる設置・廃止等の届出について

平成29年3月17日海大総第5号 総務企画部長通知 (PDF)(学内限定)

問い合わせ先

研究安全に係る部局等事務担当係一覧(PDF)(学内限定)

ページの先頭に戻る