ホーム > イベント > Johann Deisenhofer(ノ...


Johann Deisenhofer(ノーベル化学賞受賞者)特別講演会

講師: Johann Deisenhofer(1988年ノーベル化学賞受賞者)
   The University of Texas Southwestern Medical Center, Dallas, Texas, USA

題目: STRUCTURAL BIOLOGY: CHALLENGES AND PROSPECTS

日時: 9月22日(木)16:00 - 17:30

場所:北海道大学 学術交流会館小講堂

言語:英語(日本語通訳無し)

要旨:
Despite great achievements over the last 50 years, structural biology still faces challenges such as a continuing need to push the boundaries of current techniques for structure determination of proteins and nucleic acids, as well as larger assemblies. Even more necessary are improvements of our understanding of macromolecular structures, so that we can make reliable predictions, for example, about the folding, stability, and function of proteins. Using examples from our own work, I will discuss open questions in modeling macromolecular structures and dynamics.


Johann Deisenhofer 博士は、1984年に、ドイツマックスプランク生化学研究所において、最初の膜タンパク質の立体構造解析となったphoto reaction center の構造解析に成功され、この業績によりR. Huber博士、H. Michel博士と共に、1988年のノーベル化学賞を受賞されました。現職であるテキサス大学サウスウェスタン医学センター教授就任後も、膜タンパク質結晶学、光エネルギーによるDNA修復、コレステロール・ホメオスタシスなど、焦点を絞った構造生物学研究を行ってきておられます。今回、平成23年度JSPS外国人著名研究者招へい事業 (受入機関:京都大学)によりご来日されたのを機に、本学でのご講演をお願いしました。

問い合わせ先
先端生命科学研究院 田中勲
TEL: 011-706-3221

ページの先頭に戻る