ホーム > イベント > 平成24年度原子力オープンスクール


平成24年度原子力オープンスクール

 
日時: 平成24年6月9日(土)10:00~16:30
場所: 工学部B棟1-11教室及び工学部正面玄関ホール1階
内容: 講義(クイズ形式)、見学、体験実験
  ポスター(PDF)

イベント1: アトムスクール体験入学

12:00~12:50: 参加受付(工学部正面玄関ホール1階)
12:50~13:00: 開校式 校長 古坂 道弘先生

よい子もつよい子もいる放射線
~核エネルギーに三択問題で挑戦しよう~

13:00~13:40: 参加型シンポジウム(工学部B棟1-11教室)
北海道大学大学院工学研究院 教授 森 冶嗣 先生

(概要)放射線はいちどにいっぱいあたってしまうと体に良くないけれど、実は少しの放射線は、医療や検査など、いろいろなところで人々の役に立っていま す。また人間にコントロールされた核エネルギーは、少しの燃料でとても大きな力を発揮します。では、電気をつくるために百万キロワットの原子力発電所を一 日動かすと、必要なウランの大きさはグーより大きいか小さいか?みんな集まって三択問題に挑戦しよう!

『放射線が目で見える?』霧箱製作

13:45~15:15: 体験実験(工学部B棟1-11教室)

(実験内容)放射線って身の回りにたくさんあります! 放射線を可視化する器具(霧箱といいます。ノーベル賞を受賞した原理です。)を製作して、 身の回りの放射線について観察してみませんか?放射線ってなに?といった基礎知識や霧箱製作方法についてわかりやすく教えていただきます。

 

15:20~15:35: 修了式
15:40~16:15: 施設見学 工学部超高圧電子顕微鏡
  • ☆修了式ではアトムスクール校長より修了証書授与があります!
  • ☆アトムスクール参加ご希望の方は、 事前にお申し込みください(下記参照)

イベント2: 原子の不思議体験

時間: 10:00~16:15
場所: 工学部1階 正面玄関ホール
展示: 放射線の疑問
~放射線利用に関する資料展示と体験実験~
実験: 『放射線を止めてみよう』体験実験

実行組織

主催: 一般社団法人 日本原子力学会 北海道支部
共催: 北海道大学 工学部
日本アイソトープ協会 放射線取扱主任者部会 北海道支部
協力: 北海道電力(株)
WEN(Women's Energy Network)

アトムスクール申込締切

平成24年6月1日(金)

お問い合わせ&アトムスクール申込先

平賀 富士夫
北海道大学大学院工学研究院 量子理工部門
Tel: 011-706-6652
Fax: 011-706-6652
E-mail: hiraga@eng.hokudai.ac.jp (@は全角にしてあります。半角に直してご送信ください)

 

ページの先頭に戻る