ホーム > イベント > 第5回北大山岳館講演会


第5回北大山岳館講演会

 

第5回北大山岳館講演会
「北極海・ベーリング海底から地球の気候変動を読み解く」
高橋孝三(北星学園大学教授・九州大学名誉教授)

ポスターはこちら

日時:2012年10月13日(土)午後2時~4時
会場:北大山岳館(北大構内恵迪寮東側)
主催:北大山岳館運営委員会
連絡先:北大山岳館090-6870-5120
 

講演内容:

 最近、宇宙航空研究開発機構は、北極海の氷の面積が観測史上最小になったことが確認されたと発表しました。この背景には地球温暖化が影響しているとみられます。これまでも、カナダ北部の北極圏に住むイヌイットの生活が激変していて、薄い氷が割れて海で命を落とす猟民、雪不足でイグルーが作れない、いるはずがないイルカが目撃されるなどの報告があります。 

 また、地球温暖化の犠牲者として映像に登場するホッキョクグマは、国際自然保護連合がレッドリストに載せており、絶滅に瀕しているといわれています。他方、北極海の海氷の範囲が縮小し氷結する期間が減っていることから、北極海航路や北西航路など、物流や地政学の面で注目されています。

 これらはすべて、地球温暖化の影響だと研究者らが指摘しています。多くの研究者は、地球温暖化の原因について人間活動による温室効果ガスを挙げています。しかし、地球はこれまでも低温期と高温期を周期的に繰り返していることから、温室効果ガスは関係ないとの意見もあります。 

 気候は必ず変化し、しかも激しく変動することが、これまでの地球科学の研究で明らかにされています。私たちは変化する気候に追いつかれないうちに知恵を出し合い、対応策を考えていかなければなりません。

 今回の講演会は、北大山岳部OBで、現在、北星学園大学で学生の指導にあたっておられる高橋孝三教授に、氏がチーフ研究者として参画した統合国際深海掘削計画(IODP)にもとづき実施された2004年の北極海掘削航海(Expedition302)、および2009年のベーリング海掘削航海(Expedition323)により採取されたボーリングコアの解析から明らかにされた、中生代白亜紀から現在までの約8千万年間の地球の気候変動の歴史について、豊富な映像を用いてお話していただきます。

壮大なスケールのアカデミックな物語に耳を傾け、地球の気候変動のこれからについて考えてみませんか。入場は無料です。

ページの先頭に戻る