ホーム > イベント > 日本学術会議基礎医学委員会公開シンポジウ...


日本学術会議基礎医学委員会公開シンポジウム『先進的インビボサイエンス研究の推進~個体レベルでの生体機能の理解と予測を目指して~』

日本学術会議基礎医学委員会公開シンポジウム
『先進的インビボサイエンス研究の推進~個体レベルでの生体機能の理解と予測を目指して~』
日時: 平成24年11月19日(月) 14:00~18:00
会場: 北海道大学 医学部学友会館 フラテホール
参加費: 無料 参加登録不要


  
  (パート1)司会:本間さと(北海道大学)

  14:00  開会の挨拶 佐伯 浩 (北海道大学総長)

  14:05 非侵襲機能画像法による高次脳機能解
        宮下 保司(東京大学)
         座長:本間研一(北海道大学)

  14:50 シナプス制御分子から脳高次機能と精神疾患へ
         三品 昌美(立命館大学)
         座長:久住一郎(北海道大学)

  15:35 消化管炎症と運動機能障害:運動と免疫機能を担う筋系細胞の生理と病態
         尾崎 博(東京大学)
         座長:吉岡充弘(北海道大学)

  16:20-16:30 ( 休憩 )


  
  (パート2)司会:南 雅文(北海道大学)

  16:30 薬物動態の予測に基づく創薬支援システムの確立:
       ―In vitroからin vivoの予測(IVIVE)、薬物間相互作用、個人間変動の予測を中心にー”

         杉山 雄一(理化学研究所)
         座長:原島 秀吉(北海道大学)

  17:15 新しい心臓研究のツールとしての心臓シミュレータ”UT-Heart”
         杉浦 清了(東京大学)
         座長:高木 都(奈良県立医科大学)

  18:00 閉会の挨拶 玉木 長良 (北海道大学医学研究科長)


 

http://www.hokudai.ac.jp/events/20121026121820.pdf

主催 日本学術会議 基礎医学委員会 機能医科学分科会
共催 北海道大学大学院医学研究科, 北海道大学大学院薬学研究院
後援 北海道大学未来創薬・医療イノベーション拠点形成, 日本生理学会北海道地方会

ページの先頭に戻る