ホーム > イベント > 北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター...


北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター市民公開講座「ザンビア医学分野における日本の貢献」 

興味のある方は是非ご参加下さい。

【開催概要】

◆人獣共通感染症リサーチセンター市民公開講座「ザンビア医学分野における日本の貢献」 

開催日時: 平成25年5月13日(月) 午後5時半~6時半

開催場所: 北海道大学 百年記念会館 

(札幌市北区北8条西5丁目 JR札幌駅から徒歩10分)

 

司会:北海道大学大学院獣医学研究科・特任教授

   北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター・統括 喜田 宏

 

演者:ザンビア保健省大学・研究教育病院・院長 Lackson Kasonka 博士

 

講演内容:

ザンビア共和国はアフリカ大陸南部に位置する内陸国です。1964年のザンビア国独立 以来、日本・ザンビア両国は様々な分野で友好協力関係を発展させてきました。特に、長期にわたる国際協力機構(JICA)や日本の大学研究機関の協力は、ザンビアの公衆衛生の向上にとって欠かせないものでした。本講演では、ザンビアの医学分野の現状と北海道大学をはじめとする日本機関の貢献についてお話頂きます。

 

参加費無料、事前申し込み不要。会場には同時通訳を配します。

 

主催:

北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター

科学技術振興機構(JST)

国際協力機構(JICA)

 

【問い合わせ先】           

北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター国際疫学部門 鈴木定彦

suzuki@czc.hokudai.ac.jp

Tel: 011-706-9503

 

※ポスター:http://www.hokudai.ac.jp/events/zanbiaposter.pdf

 

ページの先頭に戻る