ホーム > イベント > 2013 北海道大学公共政策大学院シン...


2013 北海道大学公共政策大学院シンポジウム「地方の/からのガバナンス」

北海道大学公共政策大学院主催のシンポジウムを2013年6月29日(土)15:00~17:30、北海道大学で開催いたします。社会の変化と共に、地方政治、地域政策のあり方も変化しています。これまで,地方政治・地方自治は,中央政府への依存や対立という視点から,あるいは地域に固有の問題といった枠組みで議論されてきました。従来は依存と自律という二項対立から地方政治は捉えられてきましたが、このシンポジウムでは、それを超えて『地方の』ガバナンスと『地方からの』ガバナンスをテーマに、政治学、情報社会論、工学の第一線の研究者が、地域格差、道州制、定数是正といった種々の課題を論じます。

竹中治堅氏(政策研究大学院教授)および西田亮介氏(立命館大学特別招聘准教授)による基調講演に続き、山崎幹根(北大公共政策大学院長)と高野伸栄(同准教授)によるパネル・ディスカッションを開催。「依存」「自立」の2項対立を超えた、地方「の」ガバナンス、地方「からの」ガバナンスを新たなパースペクティブのもとに置きなおして、論じます。詳細はこちらをご覧ください。

日時: 2013年6月29日(土)15:00~17:30

場所:北海道大学人文社会科学総合教育研究棟203号室    

主催:北海道大学公共政策大学院

言語:日本語

参加の事前申込みは不要です。直接、会場にお越しください。みなさまのご来場を心よりお待ちしております

お問い合わせ先:北海道大学公共政策大学院・院長室 近藤

TEL: 011-706-4723 FAX :011-706-4723 E-mail: ykondo@hops.hokudai.ac.jp

ページの先頭に戻る