ホーム > イベント > 環境政策セミナー「日本と中国の気候変動政...


環境政策セミナー「日本と中国の気候変動政策」

環境政策セミナー「日本と中国の気候変動政策」を開催します

 

1 趣旨

今日、世界最大の温室効果ガス排出国となった中国では、日本と同様気候変動対策に取り組むとともに、日本と同様、低炭素社会・持続可能な成長への移行を目指した中長期的な政策の検討・研究が行われています。

今回、日本の環境省及び気候変動に関わる研究者との共同研究ワークショップのために来日した李俊峰 中国国家気候変動戦略研究・国際協力センター主任ほか、日中の第一線の研究者・行政官の方々に、日本と中国の地球温暖化政策・研究の最新の状況を伺います。

 

2 日時・会場

7月12日(金) 13:30~16:00

会場:北海道大学 環境科学院D-201教室 (最寄り駅は地下鉄南北線北12条)

 

3 プログラム(予定)

①中国における気候変動政策の最新動向 

 劉強 中国国家気候変動戦略研究・国際協力センター戦略企画研究部主任

②日本の気候変動政策の現状

 戸田英作 環境省地球環境局国際連携課長

③中国における再生可能エネルギー開発の現状と将来戦略

 高虎 国家発展改革委エネルギー研究所再生可能エネルギーセンター副主任

④日本と北海道における持続可能な低炭素社会の展望

 吉田文和 北海道大学教授

⑤ポスト2020年の国際的な枠組みと日本・中国への影響

 亀山康子 国立環境研究所持続可能社会システム研究室長

(講演者又はタイトルは変更される場合があります)

 

4 聴講 

 北海道大学関係者 一般の方

 定員100名 当日参加可

 日本語⇔中国語逐次通訳

 

5申込み・問合せ

※無料

北海道大学「持続可能な低炭素社会」プロジェクト事務局あて、氏名、連絡先及び所属(北大関係者/一般)を記載の上、メールまたはファックスでお申し込みください。なお、当日参加も受付けます。

low-carbon@hops.hokudai.ac.jp 

TEL /FAX011-706-4717

 

 

ページの先頭に戻る