ホーム > イベント > 2014 北海道大学公共政策大学院シンポ...


2014 北海道大学公共政策大学院シンポジウムのお知らせ

「北大HOPSx北海道新聞プロジェクト」発足記念シンポジウム

 人口急減ショックー「縮小社会」をどう生き抜くか  

 
日時:2014年6月21日(土)15:00~18:30(開場14:30)
会場:北海道大学法学部6番教室(文系共同講義棟1階)
(札幌市北区北9条西7丁目) 
 
日本の人口は2005年に前年を下回り、減少傾向に転じました。この5月には「若年女性の人口は、2040年までに全国896自治体で半減する」という試算も発表され衝撃をよんでいます。暮らしを支えるサービスの維持は? 社会保障制度の将来は? 集落の存続は? 住民が広域に分散し、全国を上回るスピードで人口減、少子・高齢化が進む北海道で、これからの「縮小社会」を生き抜く道筋を考えます。
シンポジウムのチラシはこちらpdfをクリックしてご覧ください。
 
【メインスピーカー】
五十嵐 智嘉子(HIT 一般社団法人北海道総合研究調査会理事長)
開沼 博(福島大学うつくしまふくしま未来支援センター特任研究員)
【ディスカッサント】
遠藤 乾(北海道大学公共政策大学院教授)
【司会・進行】
浜田 稔(北海道新聞経済部長)
 
*入場は無料です。どなたでも参加いただけます。
*駐車場がございませんので、公共交通機関をご利用ください。
 
お問い合わせ先: 
北海道大学公共政策大学院・院長室(近藤)TEL:011-706-4723 Email: ykondo@hops.hokudai.ac.jp
主催:北海道大学公共政策大学院/北海道新聞社
 
 
 

ページの先頭に戻る