ELMSから@Frontier(アットフロンティア)にメールを移行する方法ELMSから@Frontier(アットフロンティア)にメールを移行する方法

前提として@Frontierメールが利用できる環境であることが必要です
(@Frontierメールを利用するには,ご自身のアカウント画面にて登録が必要です)

【注意】以下はPC画面でのみ設定が可能です

1.ELMSおよび@FrontierともにPOPを有効にする
(作業手順は同じです)

@FrontierELMSの両方で作業が必要

メール画面の歯車マークを選択し「設定」をクリックします

設定画面例

「メール転送とPOP/IMAP」→「すべてのメールでPOPを有効にする」にチェックします

設定画面例

一番下の「変更を保存」をクリックします

設定画面例

※ELMSと@Frontier両方で設定を行ってください

2.ELMSメールでのアプリケーション許可の設定変更

ELMSで作業が必要

メール画面の歯車マークを選択し「設定」をクリックします

設定画面例

「アカウント」→「Googleアカウントの設定」をクリックします

設定画面例

Googleのアカウント設定画面に進みますので「接続済みのアプリとサイト」をクリックしてください

設定画面例

以下画面に遷移しますので、「安全性の低いアプリの許可」を有効にします
(図の赤四角のボタンをクリックすると有効・無効に切り替えられます
※画面のようになっていれば有効です)

設定画面例

3.@Frontier側でELMSメールを移行する設定を行う

@Frontierで作業が必要

メール画面の歯車マークを選択し「設定」をクリックします

設定画面例

「アカウント」→「メールアカウントを追加する」をクリックします

設定画面例

ポップアップで以下の画面が表示されますので、
ELMSメールのアドレスを入力して「次へ」をクリックしてください

設定画面例

メールアカウントを編集の画面に進みます
以下のように設定・入力してください

設定画面例
ユーザー名 ELMSのメールアドレス
パスワード ELMSメールのメールパスワード ※1
POP
サーバー
pop.gmail.com
ポート 995

「メールの取得にセキュリティで保護された接続(SSL)を使用する。」にチェックします

  • ※移行するメールを区別したいときは「受信したメッセージにラベルを付ける」にチェックしてください
    (ELMSで受信していたメールにラベルがつきますので、@Frontierメールで受信したものと区別することができます)
  • ※ELMSのメールパスワードが分からない場合は「4.ELMSのメールパスワードの再設定方法」を参照ください

以下の画面が表示されますので「いいえ」を選択して「次へ」をクリックして終了してください

設定画面例

しばらくすると自動的に設定時に受信トレイにあるELMSのメールが@Frontierメールへコピーされます

  • ※メール移行の所要時間についてはELMSメールアカウントのメール容量によります

4.ELMメールのメールパスワードの再設定方法
(メールパスワードが分からなかった方はこちらをご参照ください)

ELMSにログインし、TOP画面の右上の「個人設定」をクリックします

設定画面例

「パスワード変更」をクリックします

設定画面例

遷移した画面の左メニューから「メールアカウント管理」をクリックします

設定画面例

アカウント管理画面に進みますので、「メールパスワード変更」欄の「新しいメールパスワード」を「新しいメールパスワード(確認)」に自由なパスワードを入力し「保存」をクリックしてください

設定画面例

ここで設定したパスワードが@Frontier側での設定に必要になります

  • 北海道大学ホームカミングデー北海道大学ホームカミングデー
  • 本学へのご支援 北大フロンティア基金本学へのご支援 北大フロンティア基金
  • 校友会エルム校友会エルム
  • 北海道大学Facebook北海道大学Facebook