北海道大学植物園

Top > 植物園について > 北大植物園の歴史

北大植物園の歴史

   1. 植物園前史  > 2. 博物館前史

<植物園前史>
 北大植物園の歴史は、初代教頭であるW. S. クラークが、1877(明治10)年発行の「札幌農學校第一年報」に植物学および園芸学の教育のためには植物園が必要であると提言したことに始まります。この提言を受けた開拓使は、北海道開拓の園芸奨励のためにルイス・ベーマーに命じて建設させていた温室と附属地3,600坪(北3条西1丁目)を翌1878年に農学校に移管することとしました。
移管された温室と附属地は、植物学担当教員であったD.ペンハローによって、園芸学実習用の果樹園へと整備されてきました。その後、農学校の敷地も含めた植物園の設置計画が進み、キャンパス内に樹木園が整備されていました。

 

 1883年、農学校二期生の宮部金吾が助教に任命され、温室事務を担当するとともに、植物園の設立計画を命じられました。宮部は、樹木園の場所に分科園、有用植物園、高山植物園などをもつ植物園を設置することとしました。この設立計画書は、予算見込書とともに宮部の遺品として残されており、当時の様子を伺うことができます。

W. S. クラーク

 

宮部による植物園設置計画案

 

若き日の宮部金吾

Copyright© 2011- Botanic Garden Hokkaido University. All Rights Reserved.