北海道大学植物園

Top > 研究・教育利用 > 管理植物

管理植物・データの利用について

 植物園で管理している約4,000種類の植物は、展示公開を通じた社会教育のみを目的として管理しているのではなく、北海道自生植物や絶滅危惧植物の系統保存や遺伝資源の収集・保存活動と、大学内外の研究活動に利用していただくために管理しています。

 

 代表的な管理植物は以下のようになっています。

 

絶滅危惧種(広義)
 アポイカンバ(北海道固有種)、リシリビャクシン、サルメンエビネ、キキョウ、チシマヒョウタンボク、エゾムラサキツツジ、サカイツツジ、ヒダカミセバヤ(北海道固有種)、コジマエンレイソウ、クマガイソウ、 ムシャリンドウ、カキツバタ、エゾノトウウチソウ (北海道固有種)、イワギク、エゾノチチコグサ、シロヤマブキ、クロミサンザシ、 トサミズキ、ヤチカンバ、シオン、ホザキシモツケ、ベニバナヤマシャクヤク、シラネアオイ(日本固有種)

 

北方民族植物標本園
 北海道の植物のなかで、特に東アジアの北方民族(アイヌ、ウィルタ、ニブフ)の3民族が利用した植物をコレクションしています

 

 研究を目的とした植物の分譲(生株、葉、花、花粉、果実、種子、枝、樹皮等)なども協議の上で対応していますので、下記までお問い合わせください。

 

 植物園では、管理する植物を研究資源として提供するために、一部の古い植物を除き、導入記録や開花記録の管理を適切に行っています。また、樹木については樹高や胸高直径などを定期的に調査し、利用に供しています。研究利用にあたっては、これらのデータを利用することも可能です。利用に際しては、管理する技術職員のサポートを受けることができますので、利用申請の際に相談してください。

 また、積雪記録などの環境データも継続して調査を行っています。一部のデータについては「技術報告・年次報告」で公表していますが、その他の情報の有無についてはお問い合わせください。

 

 

照会先:

 北大植物園 研究利用照会

 mail:bgcontact2[at]fsc.hokudai.ac.jp

 011-221-0066(tel)

 011-221-0664(fax)

 

Copyright© 2011- Botanic Garden Hokkaido University. All Rights Reserved.