▶サイトマップ ▶English

概要・沿革

概要

 本園は札幌駅から徒歩で約10分という立地にありながら、広さ13.3haの園内にはハルニレの巨木が立ち、一部ではうっそうとした林も残されていて、開拓以前の古き札幌の姿がしのばれます。また高山植物など北海道の自生植物を中心に約4000種類の植物が育成されており、春には可憐な花々を、秋には色鮮やかな紅葉を楽しむことができます。そのほか博物館や北方民族資料室では、北海道の開拓や先住民族の生活・文化に関する貴重な資料を見ることもできます。
 植物学の教育・研究を目的に設置された北海道大学の施設ですが、広く一般にも公開され、「緑のオアシス」として多くの市民に親しまれています。

沿革

 本園の歴史は、札幌農学校(北海道大学の前身)の教頭だったW.S.クラークが、1877(明治10)年に開拓使に対し植物学の教育には植物園が必要であると進言したことに始まります。開拓使によってつくられた博物館とともに植物園用地(現在地)が札幌農学校に移管され、のちに初代園長となる宮部金吾が計画・設計をし、1886(明治19)年に開園しました。近代的植物園として我が国で初めて造られたもので、日本で2番目に古い植物園です。その後、高山植物園(1938(昭和13)年造成)やカナディアン・ロックガーデン(2001(平成13)年造成)などが整備され現在に至ります。また、1989(平成元)年には博物館本館等が国の重要文化財に登録されました。

植物園の沿革をさらに詳しく
博物館の沿革をさらに詳しく


   W.S.クラーク       宮部金吾

地形・気候

 本園は、日本海側の石狩湾から太平洋側の苫小牧まで広がる石狩低地帯の一角にあり、石狩川の支流である豊平川の扇状地に位置しています。そのため園内は扇状地特有の緩やかな起伏に富み、大正の終わりごろまでは、アイヌ語で“メム”と呼ばれる泉が各所で湧き出る肥沃な場所でした。現在では、地下水をポンプアップして園内の川に流して水位を維持しています。
 気候は、日本海型気候区に属しているために冬季に雪が多く降ります。本園で独自に観測している気象記録によると、過去10年間の平均最高気温は34.4℃、平均最低気温は-11.8℃、平均最高積雪深は103.2cmとなっています。


植物園長からのメッセージ

 入園窓口では、「敬老パスは使えないのですか?」とよく聞かれます。多くの方が、当植物園が地方自治体の運営する植物園と思っておられるのです。「すみません、ここは北海道大学の植物園なので、パスは使えないのです。」とご説明します。そう、この植物園は北海道大学が運営しているのです。’Boys, be ambitious’ で有名な、かの札幌農学校初代教頭のクラーク先生が「植物学の教育には植物園が必要。」と開拓使に建議したことに端を発しています。ですから、北大植物園は学生の教育・研究の場として利活用するために造られました。最近では、絶滅の恐れの高い野生植物(絶滅危惧種)の遺伝子源の保存*、絶滅危惧植物の繁殖特性や生活史を解明する研究なども行っています。とはいえ、当地に植物園が開かれた1886(明治19)年から、北大植物園は一般公開をしてきました。植物は人にとって、衣食住すべてにおいて深くかかわっています。その植物の多様な世界の一端を植物園で様々な植物をご覧になって実感していただく、そして札幌市民の憩いの場として利用していただくことが、公開の目的です。
 フラワーガーデンではないので、残念ながらきれいな花をつける園芸植物が多数植えられているわけではありません。しかし、大都市札幌の中心部にありながら、明治の初めにこの周辺がうっそうした森であったことを彷彿とさせる、広葉樹の林が残る貴重な場所なのです。園内は平らではありません。緩やかにアップダウンする地形は、ここが泉の湧く豊平川の扇状地だったことを物語っています。園内の木々の多くは、1886年の開園当時の個体とその子供たちです。また、園内に点在する木造建築物は、国の重要文化財に指定されている明治時代の西洋式建築物です。さらに、擦文文化の竪穴式住居跡も残っています。
 北海道の開拓の歴史に思いをはせながら、レトロな植物園の中で、ゆったりとした時間を過ごされてはいかがでしょうか。
* この場合の「遺伝子源の保存」とは、絶滅危惧植物が絶滅しないように様々な保全対応を生育地で行うだけではなく、担保として生育地外である植物園でその植物を育てて遺伝子を絶やさないようにすること。
                                          園長 冨士田 裕子

- お問い合わせ -
北海道大学植物園 〒060-0003 北海道札幌市中央区北3条西8丁目
電話:011-221-0066  FAX:011-221-0664
代表メール:hubg(アットマーク)fsc.hokudai.ac.jp