遺贈制度について
遺言により北大フロンティア基金にご寄附いただくことができます。
遺贈制度によるご寄附について
 遺贈とは、遺言によって所有されている資産を特定の人々に分けることをいいます。遺言は、民法で定める法定相続に優先しますので、具体的に遺言の受取人を指定することにより、希望どおりの配分が可能となります。この遺言による方法で、財産の一部の受取人として北海道大学を指定することができます。(ただし、一定の相続人に必ず残さなければならない「遺留分」の制約がありますのでご注意ください)
 この場合、遺贈による北海道大学への寄附財産の相続税は、非課税財産となります。
 北海道大学では、この制度により遺贈したいとお考えの方の便宜をお図りするため、次の銀行・信託銀行と協定を結んでいます。各銀行・信託銀行本支店または、「お問い合わせ」までご相談ください。また、他の方法で遺贈によるご寄附をお考えの方は、「お問い合わせ」までご相談ください。
協定を結んでいる銀行・信託銀行
三井住友銀行   三井住友信託銀行   三菱UFJ信託銀行
(平成29年3月より)