ホーム > 国際交流・留学 > 国際交流 > 国際化戦略の自主点検 > IAU-ISAS


国際交流・留学

IAU-ISAS

2009年度

 
概要

 北海道大学は、第1期中期目標・計画の最終年度である2009年度に、次期の国際化の進め方を検討するため、これまでの国際化の取り組みの点検を行いました。その際、本学がInternational Association of University(IAU:国際大学協会)に協力を呼びかけ、本学とIAUが協働して実施したのが「Internationalization Strategies Advisory Service(ISAS:国際戦略に対する助言サービス)」です。本学は世界で初めてISASに取り組み、2010年3月、「北海道大学の国際化戦略に対する協働評価 最終報告書」を作成しました。

 

2009年12月に本学がIAUへ提出した自己点検報告書
2010年3月に本学とIAUが作成した最終報告書

2015~2016年度

概要

 2016年、IAUは世界各国の大学に実施したISASの経験を活かし、従来のISAS(ISAS1.0)を改訂し、ISAS2.0を開発しました。本学は、2014年に「スーパーグローバル大学創成支援(トップ型)」事業に採択された国際化戦略「Hokkaidoユニバーサルキャンパス・イニシアチブ(HUCI)」に焦点を当て、世界で初めてISAS2.0に取り組みました。

HUCI構想について 

 ISAS2.0が定める4つの点検対象のうち、北海道大学は「戦略の点検と進捗モニタリング」に取り組みました。その結果、国際化戦略の堅実さ、モニタリング目的の目標や指標の存在、モニタリング結果による戦略・施策の自己修正活動を評価され、「大学国際化ラーニング・バッジ」を世界で初めて認証されました。

 
2016年8月に本学がIAUへ提出した自己点検報告書

 

2016年12月にIAUから受領した最終報告書(2017年2月公開)
 
 
大学国際化ラーニング・バッジ

「ラーニング・バッジ」の証書は、平成28年11 月14 日(月)にタイ王国のチュラロンコン大学で開催された第15 回国際大学協会(IAU)総会において、授与されました。

photo_IAU-ISAS_learnig_badge.jpg

photo_IAU-ISAS-ceremony.jpg

 

2016年11月24日プレスリリース「国際大学協会(IAU)から世界で初めてIAUラーニング・バッジの認証を受ける」

 

   ガイドライン(抜粋)

大学国際化ラーニング・バッジは、以下を目的として、高等教育機関に授与されるものです:

 国際化に向けた目標の達成を称えるため

 国際化に必要とされる大きな文化的変化に対し、当該機関が費やした時間・労力・資源について、その有効性を認めるため

 国際化を通した教育・研究・取組の向上における、当該機関の成果を認めるため

 学内および学外の関係者に対して、当該機関の取組の妥当性を示すため

当概機関の国際化における進展および業績を、見える形として認証するため

(「ISAS (2.0) logo and Internationalization Learning Badges ? Guidelines for use」http://www.iau-aiu.net/sites/all/files/ISAS%20(2%200)%20logo%20and%20badges%20use%20 guidelines%20final_0.pdfから抜粋翻訳)

 

IAUとISASについて

本学とIAUの関係やISASについては、別ページでも紹介しています。

 IAU

 IAU公式ウェブサイト「Advancing strategic internationalization at HEIs」(外部リンク) 

 HUCIフォーラム 

 

 
 
 
 
 

ページの先頭に戻る