男女共同参画への取り組み


男女共同参画委員会から

北海道大学における「男女共同参画」の推進
 男女共同参画社会基本法が1999年に制定されて以来、本学では同法に掲げる「男女が互いにその人権を尊重しつつ責任も分かち合い、性別にかかわりなく、その個性と能力を十分に発揮することができる男女共同参画社会の実現」を最大の目標として、全学的な見地から「男女共同参画委員会」を設置いたしました。
 本委員会では、これまでに認可保育園の設置、研究者を目指す優秀な女子学生を育成するための大塚奨励金創設など、本学独自の施策を実施してきたところであります。
 今後は、さらなる環境の整備として、次に掲げる諸施策を進めていきたいと考えております。
  • 職員の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境の調査及び整備
  • ポジティブアクションの導入に向けた検討
  • 意志決定の場への女性の参加
  • 職員や学生からの相談に応じる体制の整備
北海道大学男女共同参画委員会


男女共同参画委員会の組織

男女共同参画委員会の設置背景

本学の次世代育成支援制度等

次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画

女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画

本学における女性役員・管理職の登用目標値

その他
|トップページへ戻る|
国立大学法人北海道大学男女共同参画委員会
(事務担当:総務企画部人事課厚生労務室)