ホーム > 新着情報 > お知らせ > 松野博一文部科学大臣が本学を視察


松野博一文部科学大臣が本学を視察

7月26日(水),松野博一文部科学大臣が北海道大学を訪れ,農業用ロボットや宇宙ミッションセンター,フード&メディカルイノベーション国際拠点を視察されました。

松野大臣は名和豊春総長らの挨拶を受けた後,事務局において本学概要の説明を受けられました。また,高等教育・研究・産学連携のあり方について,本学の役員と活発に意見を交わされました。

その後,第一農場に移動した松野大臣は,農学研究院の野口 伸教授の説明により,農業用ロボット(無人トラクタ)を視察されました。松野大臣自らがタブレットにより無人トラクタを遠隔操作し,自律的に農道を移動して圃場(ほじょう)に入るトラクタの動きを確認しました。内閣府戦略的イノベーション創造プログラムの成果であるマルチロボット作業の視察では,自律走行するトラクタに松野大臣も乗車し,4台のトラクタが連携して作業する様子に大変興味を示されました。松野大臣は,「よい経験ができた。若い人に農業への興味を持ってもらえるとよい」と述べられました。


 無人トラクタに乗る松野大臣

ポプラ並木を背景に走る4台の無人トラクタ

続いて,松野大臣は北キャンパスの創成研究機構に移動し,理学研究院の高橋幸弘教授より,超小型衛星の出現によって起きている大情報革命の現状について説明を受けました。超小型衛星は昨今,大型衛星に代わり地球環境変動の定量的把握や災害予測などへの活用が期待されています。松野大臣は,衛星開発に用いる真空チェンバーや組立用クリーンブースを間近に眺め,フィールド科学研究への展開や産学連携の方向性について,質問を投げかけられました。


 高橋教授との質疑の様子

組立用クリーンブースについて説明を受ける大臣

最後に,健康でアクティブなエイジレス社会の実現に向け企業・大学と自治体が連携して研究開発を進めている,フード&メディカルイノベーション国際拠点を視察されました。同拠点には企業の研究ラボが置かれ,大学の研究者と協働して共同研究が進められる環境にあります。松野大臣は,共通機器室や,車座となってディスカッションができるフューチャールームを視察し,企業から研究費を受け入れるための課題や大学財務における産学連携の位置づけ等について,活発な議論を展開されました。


 説明に聞き入る大臣

共通機器室について説明を受ける大臣

当日は天候にも恵まれ,北海道のさわやかな夏空の下,本学の教育・研究を推進していくための議論が深まった一日となりました。


松野大臣と名和総長

松野大臣ご一行と本学役員

                                                
                                                                                                                                                                                                                                                                                            総務企画部広報課               

ページの先頭に戻る