ホーム > 新着情報 > お知らせ > 鈴木 章ユニバーシティプロフェッサーが中国の高校生に講演


鈴木 章ユニバーシティプロフェッサーが中国の高校生に講演

 2017年7月25日(火)、科学技術特別振興機構(JST)主催「平成29年度さくらサイエンスプラン・ハイスクールプログラム」の一環として本学に来訪した中国の高校生に鈴木章ユニバーシティプロフェッサーが講演されました。

「さくらサイエンスプラン・ハイスクールプログラム」はアジアから最優秀の高校生を招へいし、日本の最先端の科学技術やトップ科学者と接するプログラムで、今回は中国から選抜された35名の高校生と7名の引率者が来訪しました。講演会にはスーパーサイエンス・ハイスクールである市立札幌開成中等教育学校からも25名の生徒が参加しました。

 工学研究院の山本靖典特任准教授による司会進行のもと、鈴木ユニバーシティプロフェッサーによる講演では「An Example of Useful Science: Organic Synthesis by Organoboron Coupling Reaction」というタイトルで、2010年のノーベル化学賞受賞理由でもある鈴木クロスカップリングと社会における幅広い応用について丁寧に説明いただきました。また、ノーベル賞授賞式の様子も写真で紹介され、参加した高校生も熱心に聞き入っていました。講演後には、質疑応答の時間となり、高校生たちから「科学の未来について」や「アイディアを思いつく秘訣」など次々に質問が出されました。鈴木ユニバーシティプロフェッサーは、一つ一つの質問に優しく丁寧に回答され、未来の科学者達に温かいエールを送られていました。

1.JPG   2.JPG
                      講演される鈴木先生                                                           集合写真

                                                                                                                       
                                                                                                                                  (国際部国際連携課)

ページの先頭に戻る