ホーム > 広報・公開 > 大学改革の取り組み > 研究拠点形成/教育改革(博士課程教育リーディングプログラム/GCOE/GP等) > 大学間連携共同教育推進事業


広報・公開

大学間連携共同教育推進事業

平成24年度「大学間連携共同教育推進事業」の採択について

 

本事業は,国公私立の設置形態を超え,地域や分野に応じて大学間が相互に連携し,社会の要請に応える共同の教育・質保証システムの構築を行う取組の中から,達成目標が明確で高い成果が見込まれる取組を選定し,重点的な財政支援を行うことにより,教育の質の保証と向上,強みを活かした機能別分化を推進することを目的として今年度から実施されました。8大学(北海道大学,お茶の水女子大学,琉球大学,大阪府立大学,玉川大学,同志社大学,関西学院大学,甲南大学)が連携し,本学が代表校となり申請を行い選定されました。大学間の連携以外に分野に関わるステークホルダー(学協会,経済団体,職能団体等)とも連携し,課題を共有,協働し,構想から実行,評価までを実施する体制の構築を図ります。

 

取組名称(実施年度)

事業推進責任者

教学評価体制(IRネットワーク)による学士課程教育の質保証(平成24年度~平成28年度)

理事・副学長(教育担当)

山 口 佳 三

 

連携取組概要及び選定理由pdf

事業の概略図
事業の概略図

ページの先頭に戻る