ホーム > 広報・公開 > 大学改革の取り組み > 研究拠点形成/教育改革(博士課程教育リーディングプログラム/GCOE/GP等) > 地域医療等社会的ニーズに対応した医療人教育支援プログラム


広報・公開

地域医療等社会的ニーズに対応した医療人教育支援プログラム

平成17年度「地域医療等社会的ニーズに対応した医療人教育支援プログラム」採択について

平成17年9月14日

 文部科学省の平成17年度「地域医療等社会的ニーズに対応した医療人教育支援プログラム」に,本学大学病院から申請した「地域・大学循環型の専門医育成定着システム」ー地域センター病院重点化構想-が採択されました。 
 同プログラムは,文部科学省が地域医療等社会的ニーズに対応したテーマ設定を行い,大学病院を置く国公私立大学から申請された取組の中から,特色のある優れたものを選定し,当該取組へ重点的な財政支援を行うことにより,大学病院の教育の活性化を推進するとともに,地域における医師をはじめとする医療人の確保など地域医療への貢献等に資することを目的に今年度から実施しているもので,全国の国公私立大学から応募のあった66件(単独申請及び共同での申請)のうち,20件が採択されました。

応募テーマ 取組名称 申請担当者
へき地を含む地域医療を担う医療人養成 「地域・大学循環型の専門医育成定着システム」 -地域センター病院重点化構想-
医学研究科
教授  近藤 哲
<参考> 概要 申請・選定状況

 

 

ページの先頭に戻る