ホーム > 広報・公開 > 大学改革の取り組み > 研究拠点形成/教育改革(博士課程教育リーディングプログラム/GCOE/GP等) > 質の高い大学教育推進プログラム


広報・公開

質の高い大学教育推進プログラム

平成20年度「質の高い大学教育推進プログラム」に採択

 平成20年度文部科学省の「質の高い大学教育推進プログラム」は、大学設置基準等の改正等への積極的な対応を前提に、 各大学・短期大学・高等専門学校から申請された、教育の質の向上につながる教育取組の中から特に優れたものを選定し、 広く社会に情報提供するとともに、重点的な財政支援を行うことにより、我が国全体としての高等教育の質保証、国際競争力の強化に資することを目的として、平成20年度から新たに公募が行われました。
 このたび、平成20年度開始の教育プログラムには全国の488大学等から939件の応募があり、うち148件が採択され、本学からは「教育方法の工夫改善を主とする取組」として1件が採択されました。

申請分野 教育プログラムの名称 研究科等・専攻名
取組担当者
教育方法の工夫改善を主とする取組
総合博物館
 資料基礎研究系 
 教授 高 橋 英 樹

 

ページの先頭に戻る