ホーム > 広報・公開 > 大学改革の取り組み > 研究拠点形成/教育改革(博士課程教育リーディングプログラム/GCOE/GP等) > 社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム


広報・公開

社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム

平成19年度「社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム」の採択について

 

 文部科学省の「社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム」は,「経済財政運営と構造改革に関する基本方針2006(平成18年7月7日閣議決定)」等を踏まえ,社会人の「学び直し」のニーズに対応するため,大学等における幅広い教育研究資源を活かした優れた学修プログラムを開発・実施することにより,学び直しに資する良質な教育プログラムの普及を図り,再チャレンジを可能とする柔軟で多様な社会の実現を目指すことを目的として今年度から新たに公募が行われました。全国の国公私立大学等から応募のあった315件のうち,126件が採択されました。
 本学からは,人社系に1件及び医療系に1件の合計2件応募して,医療系の1件が採択されました。

分 野 事 業 名 事業担当者
医療系
潜在助産師のための再チャレンジ支援プログラム
(共同申請:旭川医科大学)(概要PDF)
医学部保健学科
教授 良村 貞子

 

ページの先頭に戻る