ホーム > 広報・公開 > 大学改革の取り組み > 研究拠点形成/教育改革(博士課程教育リーディングプログラム/GCOE/GP等) > 特色ある大学教育支援プログラム


広報・公開

特色ある大学教育支援プログラム

平成16年度「特色ある大学教育支援プログラム」に採択

平成16年8月2日

文部科学省の「特色ある大学教育支援プログラム」の審査結果が7月30日に公表され,本学獣医学研究科の「国際獣医学教育協力推進プログラム-アジア・アフリカ諸国を視野において-」が,また,8大学(北大,東北大,東大,東工大,名大,京大,阪大,九大)で構成する工学教育プログラム基準強化委員会幹事校の東工大から申請した「コアリッションによる工学教育の相乗的改革」が採択されました。
 本プログラムは,教育改善の取組について各大学及び教員のインセンティブになるとともに,他大学の取組の参考になり,高等教育の活性化が促進されることを目的に公募が行われたもので,平成16年度の同プログラムには,全国の国公私立大学等から534件の応募がありましたが,単独申請では昨年(平成15年度)の「進化するコアカリキュラム」に引き続いて,本学の取組が採択されたものです。

【本学単独で申請した取組】

応募テーマ 取 組 名 称 事業推進責任者
主として総合的取組に関するテーマ 国際獣医学教育協力推進プログラム
-アジア・アフリカ諸国を視野において-
獣医学研究科
片倉 賢 教授

(取組概要及び採択理由PDFファイル)

【複数大学が共同で申請した取組】

大 学 名 応募テーマ 取 組 名 称 申請担当者
北大,東北大,東大,東工大,名大,阪大,九大
の7大学
主として総合的取組に関するテーマ コアリッションによる工学教育の相乗的改革
(取組概要及び採択理由PDFファイル)
(本学の学部:工学部)
東工大

<参考> 採択状況 採択大学・短期大学一覧 テーマ別採択状況

平成15年度 採択分

 

 

ページの先頭に戻る