研究者(大学院生を含む)向け

研究室内での基本的な対応

以下の研究スタッフ(事情によっては大学院生、研究員を含む)のみ、建物への短時間の立ち入りを許可します。

  1. 長期間の実験の継続が必要なスタッフ
  2. 現在進行中の実験を終了あるいは中断するためのスタッフ
  3. 生物や温度管理が必要な研究材料及びサーバーの維持のためのスタッフ

上記のスタッフが研究室に立ち入る場合は以下の点を遵守してください

  • 可能な限り交代制とし、他の人との接触を避けること
  • 消毒用アルコールの使用とマスクの着用を遵守すること
  • 機材を触る際には使い捨て手袋を使用し、正しく着脱すること(
  • 退出時には研究室及び建物の施錠を確認すること

上記以外の研究者及び大学院生は、自宅での研究活動の実施をお願いします。

(※)<参考>手袋の着脱方法:
https://med.saraya.com/kansen/
ppe/chakudatsu/tebukuro.html