メンバー 

職員


宗原弘幸 教官
教授

1992年に当実験所に赴任.沿岸に生息する魚を中心に子の保護行動の研究をしています.北の海を代表するカジカやアイナメに加え、最近ではアフリカのタンガニイカ湖でカワスズメ科魚類の研究も進めています.フィールドや飼育実験での行動観察とDNAを用いた親子関係の結果を照らし合わせて魚類の繁殖行動を研究しています。

宮島侑也 技官 2011年度から新しく採用になりました。甲板員として北海道大学練習船おしょろ丸の長期航海に乗船することもあります。実験所の事務と力仕事の両方を見事にこなしています。学生の生物採集の際にはボートに乗り手伝って下さいます。
小板千春 用務員 2020年から新しく採用になりました。


研究員


院生・学生

※過去の在籍学生についてはこちらから


渡辺 航太 M1 臼尻におけるエゾアワビの集団遺伝構造および種苗放流効果の解析
山田 紗佑里 M1 ダンゴウオの分類
二通 健太 B4 半クローンゲノム削除の組織学的機構の解明
中村 俊介 B4 魚類の視覚と摂餌活性および照度の関係について
湊 駿太郎  B4 アイナメ属半クローンについて
前床 航介 B4 エゾアイナメの雑種形成とその特徴について