北大病院新型コロナウィルス安全安心基金

pro_covid19_top

北大病院新型コロナウィルス安全安心基金について

日頃より、北海道大学病院を温かくご支援いただいておりますこと、感謝申し上げます。現在、本院においては、新型コロナウイルス感染症対策、がんや難病の診療を含む地域の医療機能維持のため、まさに不眠不休の努力を行っております。
このような中、患者の皆様が安心して本院で診療を受けられるよう、また、本院の医療従事者が安心して診療にあたれるよう、新型コロナウイルス感染症対策に特化した基金を設立することとしました。皆様のご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。

基金の使途

北大病院新型コロナウイルス安全安心基金は、以下の目的のため大切に活用させていただきます。

pro_covid19_way01
  1. 患者さんの安全・安心を守るため(手指消毒薬、院内感染防止など)
  2. 医療者の安全・安心を守るため(医療用マスク、防護ガウンなど)

ご寄附の特典

「北大フロンティア基金」の特典が適用されます。

yume_face02
設置責任者
北海道大学病院長 教授
渥美 達也
Tatsuya Atsumi
今年度寄附総額
91,635円
累計寄附総額
4,222,635円
(令和4年11月21日現在)

寄附者のコメント

伊勢谷尚史 様

202病棟でコロナ治療に携わる方々、父の治療をいつもありがとうございます。お役に立てれれば幸いです。

匿名希望 様

在学中の健康診断で腎結石が見つかり、検査でお世話になりました。また歯の治療でもお世話になりました。どうもありがとうございました。道外から応援しております!

匿名希望 様

血液内科の皆様いつも一生懸命に仕事に取り組む姿を拝見させて頂きました。ありがとうございます。

匿名希望 様

在学中に検査と治療で大学病院にお世話になりました。道外から応援しております。