プロジェクトへの支援

北大フロンティア基金 特定資金について

特定資金は、教育・研究の支援はもちろんのこと、鈴木章記念事業、北大みらい投資プログラムなど、本学が全学的な取り組みとして推進する特定の活動分野へのご寄附となります。いただいたご寄附は、お申し出の使途に限定して活用させていただきます。

そのほかにも、ご支援いただける分野がありましたら、ぜひご提案ください。

特定資金 新渡戸カレッジ支援事業

グローバル社会で活躍できるリーダーの育成を目指す特別教育ブログラム「新渡戸カレッジ」では、学部生を対象とした学部教育コースにおいて、本学の同窓生等をフェローに委嘱し、学生のキャリア教育に参画させるとともに海外留学や国際インターンシップ等を積極的に支援しております。 また、大学院教育コースでは、全学をあげて、グローバル社会で活躍できる高度な専門知識と国際感覚を持った人材を育成しています。

基金の使途 国際交流や海外留学を積極的に支援します。

  • 新渡戸カレッジ生 留学事業の充実
  • 新渡戸カレッジ生 育成事業の充実

特定資金 留学生・国際交流支援事業

近年本学では、国際的な教育・研究レベルを一層高めるために、人材や学術の国際交流にとりわけ力を入れています。

今後ますます増加する留学生の奨学金制度の更なる充実や留学生宿舎の整備を図ります。また、世界各国の交流協定締結校との学生交流・学術交流の充実を図ります。また、疾病、不測の事態等に対する財政的支援を実施します。

基金の使途留学生のための奨励金制度の更なる充実を行います。

  • 留学生への教育的および環境的支援の充実
  • 海外大学との学生相互交流の充実
  • 海外研究機関との相互交流の充実

特定資金 学部等支援事業

学部等支援では、ご支援いただける「学部(大学院)」や「学科(専攻)」または「研究室(講座)」を選ぶことが可能なご寄附です。

みなさまからいただいたご寄附は、各学部・大学院等の教育研究の充実のための最新の教育機器や学術図書・雑誌等の充実整備を図ります。また、教育や研究に係る特定のプロジェクトを支援いたします。

基金の使途各学部・大学院等の教育研究の充実に活用します。

  • 最新の教育機器・図書等の充実
  • 特定プロジェクトの推進
  • 学部等周年事業

特定資金 研究支援事業

本学では、研究者の自由な発想に基づき世界の課題解決のための研究が日夜行なわれています。しかし、地道な基礎研究にはなかなかスポットライトが当らず、研究費の確保に苦労しています。

本学では、そんな若手研究者の支援に基金を活用していきます。

また、男女共同参画を推進するとともに、多様な人材が活躍できるようダイバーシティ研究環境の充実を図ります。

基金の使途 若手研究者の基礎研究の支援等を行います。

特定資金 ポスドク等研究者支援事業

税額控除対象

ポスドク等研究者支援事業について

学生または不安定な雇用状態にある研究者(ポスドク等研究者)が安心して研究を続けられるよう、ポスドク等研究者支援事業を創設しました。ポスドク等研究者支援事業は令和2年度の税制改正により税額控除の対象です。

基金の使途 イノベーション創出の中核となりうる若手研究者の潜在能力を開花させるため、以下の事業に活用していきます。

  • ポスドク等研究者が公募により選定されて参加する研究に関するプロジェクトにおいて、そのポスドク等研究者が自立した研究者として行う研究活動に要する費用を負担する事業
  • 論文の刊行に要する費用、学会等への参加に要する旅費その他の費用で研究活動の成果を発表するために必要なものを負担する事業
  • ポスドク等研究者(ただし、学部学生は除く。)のその専門とする分野に係る研究者としての能力及び資質の向上を主たる目的として、異分野の研究者との交流その他の他の研究者又は実務経験を有する者との交流を促進する事業

特定資金 学生支援事業

学部における学業成績優秀者等を対象とする「新渡戸賞」、研究者を目指す優秀な女子学生を対象とする「大塚賞」、英語等の成績優秀者を対象とする「レーン記念賞」などの顕彰制度の更なる充実や、課外活動支援、学生福利厚生施設の充実を図ります。

基金の使途 高度な知識と豊かな経験をもった人材の育成に役立てます。

  • 顕彰制度の充実
  • 課外活動環境の充実
  • 学生福利厚生施設の充実

特定資金 修学支援基金

税額控除対象

修学支援基金のご案内とご協力のお願い

経済的な理由で、修学を諦める若者がいます。北海道大学では、意欲と能力のある学生が希望する教育を受けられるよう、みなさまからの修学支援基金へのご支援をお願いしています。修学支援基金は税額控除の対象です。

修学支援基金

特定資金 施設・環境整備支援

昭和初期までサケが遡上していたというサクシュコトニ川が流れている中央ローンをはじめ、構内全体が樹木や芝生など緑に溢れた環境に配慮した、魅力あるキャンパスを有しております。また札幌農学校第2農場をはじめ古河講堂、旧昆虫学及養蚕学教室等の歴史的建造物が多数あり、これらの自然環境や歴史的建築物を後世に伝える取組を積極的に行っております。

基金の使途 緑に溢れた環境と歴史的建築物の維持・保存を行います。

  • キャンパスの緑化
  • 歴史的建造物の維持・保存

特定資金 社会貢献活動支援

自然・文化・歴史・科学・技術に関する学術研究と教育成果の公開、更に地域活性化に貢献します。

基金の使途 開かれた大学の使命として、学術研究と教育成果の公開促進、市民公開講座等の充実を図ります。

  • 植物園・総合博物館の充実
  • 図書館の充実
  • 市民公開講座等の充実

特定資金 卒業生・産業界等との連携

卒業生同士の交流や新たな出会いの機会創出、北海道大学と卒業生との関係強化、北海道大学の教育研究環境を活用した産業界との連携強化を図ります。

具体的には、北大卒業生向けインターネットサービス@Frontier(アットフロンティア)の提供、ホームカミングデー等同窓生が相互に連携できる活動を支援します。

産学との関係については、北海道大学の教育研究環境を活用し、より多くの企業等と共同で、いろいろな課題を解決するための実践的な研究・活動の強化を図ります。

基金の使途教育研究環境を活用した産業界との連携強化を図ります。

  • 校友会館の整備
  • 同窓生向け事業の支援
  • 産学連携各種プログラムの支援

特定プロジェクト 北海道大学医学部創立100周年記念事業基金

1919(大正8年)4月に北海道帝国大学医学部として設置された北海道大学医学部は,来る2019年に創立100周年を迎えます。

これを記念して,新たな100年をも視野に,本学ひいては広く医学・医療の発展に資することを目的とした「北海道大学医学部創立100周年記念事業基金」を設けます。

本基金により,学生・教職員の教育研究に係る支援を目的とした「北海道大学医学部教育研究基金」の創設や,歴史的資料の展示のほか,同窓生の集いや講演会,学会,会議等にも利用可能な「北海道大学医学部百年記念館」の建設をはじめとする創立100周年記念事業を計画しております。

北海道大学医学部創立100周年記念事業基金

基金の使途学生・教職員への奨学・教育研究活動支援や,同窓会との連携強化を図ります。

  • 北海道大学医学部教育研究基金の創設
  • 北海道大学医学部百年記念館の建設
  • 医学部百周年記念誌の刊行
  • 創立100周年記念事業等の実施

特定プロジェクト 北大病院ゆめ募金

北大病院は、設立以来一貫して「良質な医療を提供すると共に、優れた医療人を育成し、先進的な医療の開発と提供を通じて社会に貢献する」を理念として、地域の皆様や社会の要請に応えるため多様な医療を提供してきました。

昨今、求められる医療の内容はめまぐるしく変遷しており、医療環境の充実が喫緊の課題となっていますが、大学病院の財政状況は年々厳しさを増しております。

このため本院が、将来にわたり最先端の医療を提供し続けるとともに、将来の医療を支える人材を育成するため、本募金を設置しましたので、ご支援ご協力をお願いいたします。

北大病院ゆめ基金

基金の使途北大病院の基本理念に基づく4つの目標を実現するための募金です。

  • 患者さん本位で安心・安全な医療の提供
  • 人間性豊かで有能な医療人の育成
  • 先進的な医療の開発と提供
  • 地域医療への貢献

特定プロジェクト 北大工学部 鈴木章記念事業

北海道大学名誉教授鈴木章先生(元北海道大学工学部教授)がノーベル化学賞を受賞されたことを機に、これまで以上に国際競争力のある卓越した教育研究拠点となることを目指して、若手研究者や学生の研究活動への援助、学生の国際交流活動への援助、優秀な学部学生の表彰など北海道大学工学部の国際化をより一層推進するための教育・研究環境の充実を図ります。

基金の使途北海道大学工学部の国際化を推進するための教育研究環境の充実を図ります。

  • 学生の研究活動及び国際交流活動への支援
  • 優秀な学生の表彰
  • 若手研究者の研究活動への支援
  • その他基金の目的を達成するための事業

特定プロジェクト 附属図書館

学生が自ら学ぶ力を伸ばすため、附属図書館の学術図書をより豊かにする基金へのご協力をお願いします。

学生の本分である「学び」には、学術図書が不可欠です。日々進展する学術、科学技術を習得し、フロンティア精神を育てるためには、豊富な学術図書を使って存分に学べる環境が必要です。

整備した学術図書は附属図書館の蔵書となり、学生の学びを支える知識基盤として、今後も長く活用され続けます。

附属図書館

基金の使途北大図書館の学術図書を充実し、学生の自ら学ぶ力を伸ばします。

  • 附属図書館配置の学術図書購入

特定プロジェクト 北の森林(もり)プロジェクト(北方生物圏フィールド科学センター)

北方生物圏フィールド科学センターでは、北大研究林(北の森林)を舞台として、森林の樹木や動植物、それをとりまく環境・地域社会について幅広い教育・研究活動を行っています。

その中で、森林が持つ環境保全のはたらきや、資源の有効活用など、国連が提唱する「持続可能な開発目標(SDGs)」の多くの目標に貢献することを目的に、森林の再生、二酸化炭素の吸収、生物多様性・生態系の保全活動をする「北の森林(もり)プロジェクト」を創設しました。北海道大学が進める森林の教育・研究活動にお力添えいただきますようお願い申し上げます。

附属図書館

基金の使途北大研究林における多様な森林の再生・保全・持続可能な利用を図るための募金です。

  • 森林の再生
  • 二酸化炭素の吸収
  • 生物多様性・生態系の保全など(調査研究)

特定プロジェクト 北海道大学理学部創立100周年記念事業基金

1930年に開学した北海道大学理学部は、2030年に創立100周年を迎えます。そこで、基礎科学の普遍的な価値を次の世代に継承し深化させることを目的とした「北海道大学理学部創立100周年記念事業基金」を設けます。理学部で学ぶ学生の学習環境を整備し、若手研究者のキャリア形成、および未来の人財育成の場を広げる機会を設けるなど、さらに100年先を見据えた多彩な取り組みを行います。2030 年9 月27 日(創立100 周年記念日)までの募金目標金額は5,000 万円です。ご支援ご協力を何とぞお願い申し上げます。

北海道大学理学部創立100周年記念事業基金

基金の使途学生の教育研究活動を支援し、同窓会と連携しながら社会から応援される「理学部」を次世代へ橋渡しします。

  • 理学部で学ぶ学生への支援環境を整備。若手研究者のキャリア形成、および未来の人財育成の場を広げる機会の創設。
  • 理学部創立100周年記念誌の刊行、および映像コンテンツの編纂。
  • 理学部創立100周年記念事業の実施など。

一番上に戻る