エルムの森プロジェクト

top_main03_4

エルムの森プロジェクトについて

エルムの森に佇む札幌キャンパス最古の建物である旧昆虫学及養蚕学教室および旧昆虫標本室を保存改修し、北海道ワイン教育研究センター棟として再生利用することで、そのレガシーを未来のキャンパスにつなぐ事業です。

旧昆虫学及養蚕学教室は120年の風雪に耐え、今も当時の姿で北大キャンパスの一角を美しく彩っています。しかし、現在の耐震基準を満たさず、建物内で人が活動できません。また、オリジナルの天井や意匠が、過去の簡易改修で覆い隠されていて見ることができません。私たちは、アーカイヴ史料の文献調査と現況調査を行って創建時の建築意匠を丁寧に読み取り、オリジナルの建物部位は可能な限り保存・補修・復元しようとしています。

そのための改修予算は約3億円で、そのうち1億円は国庫予算で措置されることになりましたが、約2億円が不足しています。北大の歴史的建造物の価値を100年後の未来に継承するために、ぜひ皆様のお力添えをお願いします。

基金の使途

歴史的建物を保存改修し、新しい時代を担う教育・研究の場として活用します。

  1. 旧昆虫学及養蚕学教室を北海道ワイン教育研究センター棟として再生利用し、北海道産ワインの研究やプロモーション、人材育成の拠点とします。
  2. 旧昆虫標本室は道産ワインの熟成庫として再生利用します。
  3. 北海道ワイン教育研究センター棟にワインを楽しめるカフェを併設し、市民と学生、研究者と生産者が楽しく語らう空間をつくります。

ご寄附の特典

「都ぞ弥生」セット

elmnomori_gift01_4
  1. 北大農場伝承の技に基づいてつくられたハム・ソーセージ
  2. 余市果樹園産のリンゴを原料にしたシードル

札幌キャンパスや研究林で育った樹を材料に作製した木箱に収めて発送します。
その他、「北大フロンティア基金」の特典が適用されます。

elmnomori_bust01
設置責任者
農学部長・農学院長・農学研究院長 教授
西邑 隆徳
Takanori Nishimura
今年度寄附総額
1,475,200円
累計寄附総額
23,492,000円
(令和4年7月4日現在)

活動報告

2022.03.04
募集を開始しました。

寄附者のコメント

大島稔彦 様

卒業生の一人として、旧昆虫学及養蚕学教室と昆虫標本室の保存・改修・復元により、100年後の未来に継承できることを期待します。

武政栄治 様

札幌農学校設置以来の農業への貢献と実績の経験を新たな挑戦に活かせる北海道大学らしい素晴らしいプロジェクトです。北海道発のグローバルブランドのワインが世界各国と北海道との様々な分野での良き架け橋となることを期待しております。

匿名希望 様

歴史的建造物の保存改修により、北大訪問の楽しみが増えます。
次回の訪問時に是非見学しようという気持ちになります。

小瀬村 貴敏 様

約30年前、札幌市内で北海道のワインを販売する仕事をしていて、北海道産ワインをとても応援しております。かつてカリフォルニア大学がカリフォルニアワインの発展に寄与したように、北大が道産ワインを育てて欲しいと思っています。