フロンティア資源・エネルギー研究棟施設整備支援

pro_energy_top

フロンティア資源・エネルギー研究棟施設整備支援について

工学部・工学院における資源系の教育・研究のため、フロンティア資源・エネルギー研究棟の新築が認められ、令和5年度9月末竣工を目指して建築が進められております。本施設には、各研究室のスペースに加えて、多くの共同利用ゾーンやIT化された会議室などを配置する予定ですが、整備のための財源確保の目処が立っておりません。そこで、本プロジェクトでは、同窓生ならびに本事業の趣旨に賛同いただける皆様からのご芳志を広く募らせていただくこととなりました。何卒、ご支援とご協力を賜りたく、心からお願い申し上げます。

energy_about

基金の使途

フロンティア資源・エネルギー研究等の施設整備(主に共同スペースの什器、ITインフラ等)に使用します。

ご寄附の特典

1万円以上の寄付の場合、銘板へのご芳名の記載

energy_face
設置責任者
工学研究院環境循環システム部門 部門長(令和4年度)教授
川﨑 了
Satoru Kawasaki
今年度寄附総額
2,754,770円
累計寄附総額
2,954,770円
(令和4年11月21日現在)

寄附者のコメント

眞田陽 様

資源工学の観点は実社会に出てからも大変重要になっていると感じています。陰ながら卒業生として応援していきたいと思います。

細谷昭悟 様

新たな研究棟のもと学生さんたちの実り多い研究の場となることを祈念しております

木村成二 様

研究棟の整備を果たされて、更に優れた卒業生を送り出され、また素晴らしい研究成果を上げてください。

赤塚真依子 様

学生時代、とても貴重な時間を過ごさせてもらいました。新しい資源棟とそこで学ぶ後輩たちの活躍、楽しみにしています。