活動報告

みなさまからの温かいご支援に感謝いたします

みなさまからのご支援は、学生への奨学金給付や海外派遣支援、学生団体の活動助成、外国人留学生の受入支援、就職支援、教育環境整備、研究活動支援など、さまざまな支援事業に活用しております。

人材育成(奨学金事業・表彰)

新渡戸カレッジ生を対象とした「新渡戸カレッジ(海外留学)奨学金」(平成25年度~)では、カレッジ生の海外留学の支援を行っております(支援実績:379件 4,690万円)。

また平成28年度には新たに大学院生を対象とする「新渡戸スクール奨学金」も設置しました。(支援実績:5件 150万円)

基金利用者の喜びの声を一部ご紹介します

短期・長期両方の留学へ。未来への投資を本当にありがとうございました

北出 理恵

私は北大フロンティア基金から奨学金をいただき、短期・長期両方の留学を経験しました。短期留学では、シンガポールとベトナムの企業や学校をまわり、人生初のアジアで、その熱気に、ただただ飲まれました。

目まぐるしく回る次世代の世界の中心で戦う企業の方々は、本当にたくましく、尊敬せずにいられませんでした。そして偶然にも、このとき訪問した会社に内定をいただき、就職が決まりました。

私は、皆様の温かいお気持ちで得た貴重な経験を活かし、社会貢献していきたいと考えています。

未来への投資を本当にありがとうございました。

平成29年度新渡戸カレッジ生 北出 理恵(文学部)

グローバル社会でも活躍できる研究者を目指すきっかけとなる機会になりました

奥 聡史

この度は、新渡戸スクール奨学金に採用していただきまして誠にありがとうございました。

北大フロンティア基金の御支援を賜り、北海道大学で勉学・研究を続けさせていただけますことを大変幸せに感じるとともに、支援していただいた皆様に深く御礼申し上げます。

受給した奨学金は、タイへの研究留学費用に活用させていただきました。私自身の園芸分野の専門性を活かして、日本とタイとの懸け橋になり、さらにグローバル社会でも活躍できる研究者を目指すきっかけとなる機会になりました。

末筆ながら北大フロンティア基金関係者の皆様に重ねてお礼を申し上げるとともに、皆様のご健康とご活躍をお祈り申し上げます。本当にありがとうございました。

平成28年度新渡戸スクール修了生 奥 聡史(農学院)

新たなステージへの挑戦心や行動力を目覚めさせてくれました

笹岡 友季穂

この度、新渡戸スクール奨学生として、北大フロンティア基金より奨学金を頂戴いたしました。基金へご寄附頂きました諸先輩方へ心より御礼申し上げます。

新渡戸スクールでの受講を通じて、私は自身の語学力不足を痛感しておりました。そこで現在、頂いた奨学金を活用して語学学校の授業を毎日受講しております。日を追うごとに語学力が向上してゆく実感は、私に自信を与えただけでなく、新たなステージへの挑戦心や行動力を目覚めさせてくれました。

将来、私は地方経済の活性化に貢献したいと考えております。奨学金を通じて獲得した語学力や行動力は、実現の過程で私の心強い武器となるでしょう。

諸先輩方への謝恩の念を胸に、より一層精進して参ります。

平成28年度新渡戸スクール修了生 笹岡 友季穂(水産科学院)

また、社会で活躍できる人材育成を目的とする「フロンティア奨学金」(平成24年度~)では、これまでに学部生、大学院生合わせて100名以上の学生に支援を行っております。

海外短期留学が、国際社会に貢献したいという志を持つきっかけに

河東 政道

私はフロンティア奨学金を活用し、ベトナムに短期留学しました。

現地で最も印象的だったことが水問題でした。水道水で作った氷ですらお腹を壊してしまうので、レストランでジュースを頼む際は「氷抜き」を頼まなければいけないということが強く印象に残っています。

この経験から、将来、水問題を解決することで国際社会に貢献したいと考え、水処理プラントメーカに入社することを決めました。

フロンティア奨学金を活用し海外へ短期留学したことは、自分の視野を広め、国際社会に貢献したいという志を持つきっかけとなりました。

平成27年度受給者 河東 政道(農学院)

奨学金をいただいたおかげで弁護士試験の勉強を続けられています

青柳 建矢

フロンティア奨学金は、法学の教科書、判例集の購入や試験の費用に使わせていただきました。

私は弁護士をめざしていますが、そのためには司法試験の合格が必要です。司法試験は「資本試験」といわれるほど多額のお金がかかります。

私は、奨学金をいただいたおかげで現在勉強を続けられ、法科大学院に入学できました

平成27年度受給者 青柳 建矢(法科大学院)

北大えるむ賞受賞

2015年ストックホルム国際青年科学セミナー(SIYSS)」に日本代表学生として参加しました

笹森 瞳

今回は、昨年12月にスウェーデンで行われたストックホルム国際青年科学セミナーに日本代表2名のうちの1名として派遣されたことに対し、「北大えるむ賞」の対象となり受賞いたしました。セミナーでは、世界中から集まった若手研究者と学術的・国際的な交流をもつことができ、ノーベル財団の協力でノーベル賞受賞者・関係者と懇談する機会に恵まれ、今後研究を発展させていく大きなモチベーションとなりました。

平成27年度 笹森 瞳(医学部医学科5年)

関道子留学生支援基金

関道子留学生支援基金とそれに関わる皆さんのご支援に感謝いたします。

ノーシーン・パーヴェン

I am Nousheen Parven, Doctoral Course student in Animal Ecology lab, Graduate School of Agriculture, Hokkaido University. During the last year I have passed a very difficult time with a complicated pregnancy. I was admitted in the Hokkaido University Hospital for surgical operation during 13 weeks of pregnancy on 2016.10.26. I was in hospital for about one month. It required huge money besides the Health insurance and I was unable to cover the expenditure with my scholarship.

My supervisor Professor Dr. Hitoshi Araki recommended me for Seki Michiko Funds.

This funds helped me lots to give financial support, without this support I was unable to continue my PhD here with a complicated pregnancy.

I would like to give thanks to all for providing support from Seki Michiko Funds. It my pleasure to inform you that I have a healthy baby girl and I am quite physically sound to conduct my research.

昨年、私は合併症を伴う妊娠の為、大変辛い時間を過ごしました。妊娠13週であった2016年10月26日、北海道大学病院で手術を受けました。入院期間は1ヶ月程でした。保険に加入はしていましたが、それでも高額な医療費が掛かり、奨学金だけでは費用を賄うことはできませんでした。

そんな中、私の指導教授である荒木仁志先生から関道子留学生支援基金について教えてもらいました。

この基金によるサポートが無ければ、この様な状況で博士課程を継続することは経済的に不可能だったでしょう。

関道子留学生支援基金とそれに関わる皆さんのご支援に感謝いたします。おかげさまで、健康な女児が誕生し、私自身も研究を続けられるまでに体力が回復しました。

平成28年度受給者 ノーシーン・パーヴェン(農学院 博士課程)

北海道大学フロンティア基金についての報告

Maung Kaung Htat Win

関道子留学生支援基金は、北大で研究をするにあたり大きな助けになりました。

私は2016年11月に自転車で学内を移動中、カラスに襲われバランスを崩して転倒。左腕を骨折し、11月21日に松田整形外科記念病院に入院、手術を受けました。医療費の限度額申請を行い、手術代はある程度の金額で抑えられたものの、私費留学生としては大きな金額でした。

また、担当医から、すぐに完治せず今後も継続したリハビリが必要になること、今後金属を取り除く手術が必要になるという説明を受け、医療費の支出がさらに増えることが予想され、大変困っていたのですが、関道子留学生支援基金から医療費のサポートを受けられたお陰で、東北大学総合博物館に所蔵されている研究に必要なサンプルを調べる為現地に2週間滞在した時の旅費を支出することができ、その結果、研究目標を達成できました。

経済的不安を抱えること無く研究を継続することができ、卒論や論文執筆に打ち込むことができたからです。

マウング カング タット ウィン Maung Kaung Htat Win(理学院修士課程2年 シンガポール出身)

このほか、学部毎の奨学金や表彰、学生の海外派遣への支援も行っております。
(例)修士学生海外学会派遣(環境科学院)、私費外国人留学生奨学金(水産学部)、海外渡航助成(水産科学院)、国際学会への外国旅費助成(保健科学院) 等

新渡戸稲造農学賞(農学院)

人が自然を利用しながら、生物 を保全していくための知見を社会に提供したい

河村 和洋

北大フロンティア基金にご寄附いただいた皆さまのおかげで、新渡戸稲造農学賞の奨励金をいただくことができました。
奨励金は、論文執筆や今後の研究計画の立案のために必要な書籍の購入代として活用させていただいております。
私はこれまで、宮沢賢治の童話の題材ともなった夜行性鳥類のヨタカの研究や市民調査 員が収集した全国の鳥類データの解析などを行い、鳥類の分布に人の土地利用が 与える影響などを調べてきました。
今後も、多くの人が気にも留めない、夜行性鳥類や越冬期の鳥類を対象とした研究を通して、人が自然を利用しながら、生物 を保全していくための知見を社会に提供したいと考えております。

平成28年度 河村 和洋(農学院森林生態系管理学 博士1年)

学生海外学会派遣(環境科学院)

本事業は環境科学同窓会(北大フロンティア基金(環境))への寄附で成り立っております。

今後の研究のためとなる有意義な議論を交わすことが出来ました

米国地球物理学連合秋季大会AGU Fall Meeting 2017

平成29年度優秀学生海外学会派遣支援プログラムの支援を受け,2017年12月11~15日に米国のニューオーリンズで行われた米国地球物理学連合秋季大会AGU Fall Meeting 2017に参加させて頂きました.

AGUへの参加は昨年に引き続き二度目でしたが,世界中から数万人の研究者が参加する大規模な学会であり圧倒させられました.今回,私は「Paleoceanography and Paleoclimate at the Western Arctic Margins: Pacific-Arctic and Land-Ocean Interactions and Sea Ice Changes」のセッションにて,「Can we constrain postglacial sedimentation in the western Arctic Ocean by ramped pyrolysis C? A case study from the Chukchi-Alaskan margin」というタイトルでポスター発表を行いました.

堆積物中に含まれる有機炭素を段階加熱により分離して現地性の有機炭素の放射性炭素年代を測定して堆積物の年代決定を行うという手法を北極海の堆積物に適用し,この手法の有用性や課題について報告しました.北極海堆積物の年代決定は従来の手法では適用できる層準が限られるため,北極海の古海洋学を研究している研究者の方々などから興味を持って頂き今後の研究のためとなる有意義な議論を交わすことが出来ました.

最後になりましたが環境科学院同窓会の皆様には心より感謝申し上げます.

平成29年度 鈴木 健太(環境科学院博士後期課程2年)

学生海外学会に参加して、たくさんのことを学びました

Chen Lei (環境科学院博士後期課程3年)

Dear Sir/Madam,
First, I am really grateful to the support of the Excellent Student Overseas Visit Program.
I learned a lot during the international ecological conference held on Aug 20-25, Beijing. First, due to the global climate change, the structure and function of terrestrial ecosystems, including forests and grasslands, have changed a lot. For this reason, remoting sensing (RS) and geography information systems (GIS) have been widely applied to address the impacts of climate change on ecosystems. Second, in recent decades, drought events associated with climate warming have contributed to forest decline and mortality in many forest areas. Therefore, many researchers reported the response of individual trees & whole ecosystems to drought stress, mainly focused on plant hydraulic conductance and carbohydrate starvation. At last, I also learned many friends at this conference and benefited a lot from communications to each other.

平成29年度 Chen Lei (環境科学院博士後期課程3年)

このほか、本学が認定した各種公認学生団体の活動助成や就職活動支援など、
さまざまな支援事業を行っています。

学生団体の活動助成等

硬式野球部

活動に必要な、施設・設備の整備や大会への参加旅費等に活用しております。
(例)照明設備・防球ネットの整備(硬式野球部)、競技用高性能艇の購入(漕艇部)、海外記念演奏(合唱団)ほか多数

照明と防球ネットの整備で練習量が増やせました

佐々木 啓真

OBの皆様の御支援で整備された照明と防球ネットのおかげで、部員が70人弱いる現在も練習量を増やせています。特に打撃は練習量が格段に増え、リーグ戦で他大学と遜色ない打撃が出来ています。OBの皆様への感謝の気持ちを「神宮」という結果で表せるよう部員一同、練習に励んで参ります。

硬式野球部主将 佐々木 啓真

留学生向け宿舎の整備

外国人留学生向け宿舎(インターナショナルハウス)の整備に活用し、87名の留学生等を受け入れております。

国人留学生向け宿舎

国人留学生向け宿舎

就職活動への支援

学生の利便性に配慮し、道内外企業等を招へいして就職ガイダンス、講演会などの実施に活用しております。

クラーク会館での就職講座

クラーク会館での就職講座

教育環境の整備

学生が学びやすい環境の整備に活用しております。
(例)ホールの新設、机・図書収容スペース整備(医学部医学科)、講義室映像音響整備(医学部保健学科) 等

ホールの新設(医学部医学科)

ホールの新設(医学部医学科)

講義室映像音響整備(医学部保健学科)

講義室映像音響整備(医学部保健学科)

研究活動の支援

各種研究活動の支援に活用しております。
(例)運動器疾患の治療法の開発研究、小児疾患研究、宇宙物理研究の研究環境整備 等

これまでに基金の活動を通し、数多くの学生が目標・夢に向けて歩んでいます。
今後とも皆さまのご支援をどうかよろしくお願い致します。

一番上に戻る