税制上の優遇措置

税制上の優遇措置について

ご寄附については個人について、法人についてそれぞれ税制上の優遇措置がございます。

個人からのご寄附

「北大フロンティア基金」へのご寄附については、所得税法上の寄附金控除の対象となる特定寄附金(所得税法第78条第2項第 2号)として財務大臣から指定されております。
控除を受けるためには、所轄税務署で確定申告をする必要があります。
別途お送りする領収書を控除証明書として確定申告書に添付し、所轄税務署へご提出ください。
(年末調整では控除できません)

国税庁のホームページから確定申告書を作成する際の「寄附金控除」欄の入力方法はこちらをご覧ください。

①所得税が控除されます。

寄附金額(その年の総所得金額の40%を上限)から2,000円を引いた額を、所得税の課税所得金額から控除できます。

「修学支援基金」へのご寄附については、平成28年度の税制改正により、上記の「所得控除」に加え「税額控除」の適用対象となりました。
確定申告の際には、ご寄附者様の選択により、いずれか一方の有利な制度をご選択いただけます。

詳細はこちら

②住民税が控除されます。

寄附をした翌年1月1日に本学を「寄附金税額控除対象法人等」として指定している地方自治体にお住まいの方は、寄附金額(その年の総所得金額の30%を上限)から2,000円を引いた額に対し、都道府県民税は4%、市区町村民税は6%を乗じた額が控除されます。
(都道府県と市区町村双方の指定を受ける場合は10%となります。)

本学を「寄附金税額控除対象法人等」として指定している地方自治体

本学を「寄附金税額控除対象法人等」として指定している地方自治体については下記表をご確認ください。
なお、詳細につきましては、お住まいの市区町村にお尋ねください。

都道府県 北海道
市区町村 札幌市、函館市、室蘭市、岩見沢市、苫小牧市、湧別町、興部町、白老町、厚真町、安平町、むかわ町、音更町、士幌町、上士幌町、鹿追町、清水町、芽室町、幕別町、浦幌町、厚岸町、中札内村

寄附金控除を受けるための手続き等について

  • 寄附金控除を受けるためには、所轄の税務署へ所得税の確定申告書を提出してください。
    この場合、住民税の申告は不要です。
  • 確定申告をしない給与所得者又は年金所得者で、住民税の寄附金税額控除だけを受けようとする場合は、住所地の市区町村に申告してください。この場合、所得税の控除は受けられません。

住所地の変更の場合の適用について

年の途中で居住地を変更された場合の取り扱いは以下のとおりです。
※なお、本制度において、個人寄附者の名簿(寄附者名簿)を都道府県・市区町村へ提出させていただくこととなりますので、ご了承願います。

寄附金税額控除の適用が受けられる場合 寄附時点の住所地の都府県・市区町村が条例で本学を指定していなくても、寄附金を支払った年の12月31日までに条例指定の区域内に転居した場合
寄附金税額控除の適用が受けられない場合 寄附金を支払った年の12月31日までに、条例指定の区域外に転居し、転居先の都府県・市区町村が本学を条例指定していない場合

減額される所得税・住民税の目安

(①所得税、②住民税の控除を適用。あくまで目安ですのでご参考としてお取扱ください)

減額される所得税・住民税の目安

※課税所得金額とは、給与所得者の場合、給与所得金額(給与収入金額-給与所得控除額)から基礎控除、配偶者控除、扶養控除、社会保険料控除、生命保険料控除等の所得控除項目を控除した金額をいいます。

課税所得金額500万円の方が、5万円のご寄附をされた場合

所得税
確定申告をしない場合
5,000,000円×20%(税率)-427,500円(控除額)=572,500円
確定申告をした場合
{5,000,000円-(50,000円-2,000円)}×20%(税率)-427,500円(控除額)=562,900円

確定申告による減税額

572,500円-562,900円=9,600円

課税所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え、330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え、695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え、900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え、1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え、4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円
住民税

確定申告による減税額

(50,000円-2,000円)×4%=1,920円

  • あくまでも目安となっております。収入の種類、各種所得控除等により変動が生じることがあります。

法人によるご寄附(法人税の優遇)

「北大フロンティア基金」へのご寄附については、法人税法上の全額損金算入を認められる寄附金(法人税法第37条第3項第2号)として財務大臣から指定されております。

ご寄附をいただいた寄附金は、法人の所得から控除され、税法上の優遇措置を受けることができます。

一番上に戻る