新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について

新型コロナウイルス感染症については,日本国内でも感染が広がりを見せており,道内では小規模な集団感染が起こっていると見られ,これまで確認された患者数は,全国でも上位の患者数となっております。

感染は,飛沫感染,接触感染が中心と見られており,閉鎖した空間で,近距離で多くの人と会話するなどの環境では,咳やくしゃみなどがなくても感染を拡大させるリスクがあります。

ついては,感染拡大と予防に有用と考えられております,咳エチケット,手洗いなどを励行し,人混みを避け,イベント等への参加は極力自粛すると共に,下記の対応について周知いただけますよう,よろしくお願いいたします。

また,新型コロナウイルス感染症の疑いのある場合には,所属部局の担当部署(学生→教務担当,教職員→総務・庶務担当等)に報告してください。

 

<新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安>

〇相談・医療機関受診前に心がけていただきたいこと

 ・発熱等の風邪症状が見られるときは,大学や職場を休み外出を控える。

 ・発熱等の風邪症状が見られたら,毎日,体温を測定して記録しておく。

〇次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター(保健所)」(TEL:011-272-7119)にご相談ください。

 ・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。(解熱剤を飲み続けなければならない時を含みます)

 ・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

 ※高齢者や基礎疾患等のある方は,上の状態が2日程度続く場合

 帰国者・接触者相談センターでご相談の結果,新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には,専門の「帰国者・接触者外来」へ紹介される場合があります。専門外来を受診する際には,マスクを着用し,公共交通機関の利用を避けて受診してください。

 

【掲示用】新型コロナウイルス感染症について.pdf

厚生労働省 新型コロナウイルス感染症について

本学ホームページ 【注意喚起】新型コロナウイルスへの対応について