学生

平成29年度第2回放射性同位元素等取扱者健診日程表(血液・皮膚・眼)
 (会場・受付時間・案内図)

平成29年度10月入学者健康診断実施について(2017/9/29)
Annual Medical Checkup for New Students (October,  2017)

 (会場・受付時間・案内図)

平成29年度札幌複十字総合健診センターでの健康診断について(2017/4/18)

平成29年度学生一般定期健康診断日程(2017/3/2)
Annual Medical Checkup Schedule(April-May,2017)

平成28年度第2回放射性同位元素等取扱者健診日程表(血液・皮膚・眼)
 (会場・受付時間案内図)

平成28年度10月入学者健康診断の実施について (2016/9/29)
Annual Medical Checkup for New Students (October,2016)

平成28年度学生一般定期健康診断結果の配布について(2016/6/29)
(総合教育部1年次学生・水産学部2年次学生 各位)

平成28年度第1回放射性同位元素等取扱者健診日程表(血液・皮膚・眼)
 (会場・受付時間案内図)

平成28年度札幌複十字総合健診センターでの健康診断について(2016/4/13)

平成28年度学生一般定期健康診断日程 (2016/2/16)
Annual Medical Checkup Schedule (April-May,2016) (2016/2/26)

 

 

学生一般定期健康診断Q&A

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

1.健康診断は絶対に受けなければいけませんか?

学校保健安全法第13条第1項により毎年受診するように義務付けられています。近年若年者の結核も増加傾向にありますので大学での集団感染を防ぐためにも必ず健康診断を受けてください。学生生活に支障をきたすことのないよう、健康管理に役立てて欲しいと思います。(法律が変わって、胸部X線撮影は一年生時のみが義務化となりましたが、本学でも結核発症者は二年生以上に認められていますので、毎年の胸部X線撮影をお勧めしております。)

 

2.所属の割振日に受けられません。他の日に受診してもいいですか?

健診実施期間中に必ず受けてください。ただし在校生および大学院新入生の方は学部新入生割振期間には受診できません。なお、別の日に受診する旨の事前連絡は不要です。
 

3.札幌キャンパスの日程で受診できません。函館キャンパスで受けてもいいですか?

基本的に可能ですが、事前に保健センターにご連絡ください。
 

4.期間内に健康診断を受けられなかった場合はどうすればいいですか?

外部の医療機関をご利用ください。その場合の費用は自己負担になります。北大の学生一般定期健康診断は4~5月に実施しており、その他の期間で実施予定はありません。
 

5.休学中ですが、健康診断を受けられますか?

受診できます。在学生の割振期間中に受診してください。
 

6.研究生ですが、健康診断を受けられますか?

研究生の皆さんは受診対象者ですので、所属の割振日に受診してください。
 

7.受診セット(受診票と採尿キット)はどこでもらえますか?

健診前日までに所属の教務もしくは学生支援担当から受け取ってください。学部新入生は、合格通知書に同封されています。健診会場受付及び保健センターでは配布しませんのでご注意ください。
 

8.健診会場はどこですか?

4月1日から4月17日(土日及び4月7日を除く)までは、高等教育推進機構(北17西8 体育館向かい)1階で実施しています。4月20日から5月29日(日祝日第2・4土曜日を除く)までは、札幌複十字総合健診センター(北8西3札幌エルプラザ5階)で実施しています。
 

9.持っていくものはありますか?

受診票(予め必要事項を記入してください)、採尿キット(当日朝採尿したもの)、学生証をお持ちください。再発行中等の事情があって学生証がない場合は、学生番号がわかるようにしておいてください。学部新入生は、学部新入生期間は学生証は不要ですが、学生証交付後に受診する場合は、必ずお持ちください。
 

10.今朝生理が始まってしまいました。尿検査だけ受けなくてもいいですか?

たとえ生理中でも採尿して提出してください(提出場所は受付です)。再検査該当の場合は、後日再検査案内を送付します。尿検体の提出がない場合は他の検査も受けられません。また、健康診断書・健康診断証明書の発行もできませんのでご注意ください。
 

11.検査の順番は決まっていますか?

はい。まず受付で尿検体を提出後、スタッフの指示に従ってください。最後に胸部X線撮影を行います(受診票はそこで回収します。)。尿検体の提出がない場合は、他の検査も受けられませんので、ご注意ください。なお全項目受けていない方には、健康診断書・健康診断証明書の発行もできません。
 

12.どんな服装で行けばいいですか?

例年非常に混みあいますので、着脱しやすい服装・履物でお越しください。ワンピースの着用は不可です。また胸部X線撮影時には、プリントや刺繍、金属(ラメや金具)、プラスチック(ボタンやビーズ等)の装飾があるものは着用不可です。これらのものはフィルムに写りますので、再検査になる可能性があります。無駄な再検査を避けるためにも無地のTシャツやタンクトップ等を着用し、ネックレスは事前にはずしてください。長い髪は肩にかからないようにまとめてください。
 

13.健康診断のときは荷物を預かってもらえますか?

保管場所は用意しておりません。例年忘れ物や落し物が多くみられますので、手荷物はできるだけ少なくして貴重品はご自身で管理してください。
 

14.健康診断を2日に分けて受けることはできますか?

出来ません。全項目を1日で受けてください。
 

15.妊娠中ですが胸部X線検査だけ受けなくてもいいですか?

受けなくてもいいです。ただし必ず受付スタッフにその旨を申し出てください。
 

16.今朝起きてすぐの尿を採り忘れましたが、尿だけ別の日でもいいですか?

いいえ。全項目を同日に受診していただきますので、当日来場前に採尿してお持ちください。ただし、激しい運動後や食後二時間以内の尿は避けてください。会場での採尿はトイレが非常に混雑しますのでご遠慮ください。
 

17.健康診断の結果はどのように通知されますか?

健康診断結果通知書を発行します。学部1・2年生については、保健センターでの受け渡しになります。(受け渡しの時期は高等教育推進機構および各学部に掲示されますので注意してください)それ以外の学生については、個人宛封書を各学部・大学院へ保健センターより送付しますので、担当窓口より受け取ってください。(配付方法については各学部・大学院の担当者に一任しております)
 

18.健康診断の結果はいつもらえますか?

異常なしの場合、高等教育推進機構で受診された方は6月以降、札幌複十字総合健診センターで受診された方は7月以降、ACMより健康診断証明書の発行が可能です。また別途、健康診断結果通知書を発行いたします。異常所見がみられた方には健康診断結果通知書に再検査の案内を同封します。再検査の対象者につきましては、再検査が終了し結果が出てから健康診断証明書の発行が可能になります。
 

19.就職活動のため健康診断の結果がすぐに欲しいのですが?

最短でも結果は6月以降になります。お急ぎの方は外部の医療機関で健康診断を受けて診断書を発行してもらってください。その場合の費用は自己負担になります。
 

20.外部の医療機関で健診を受けたら、大学の健診は受けなくてもいいですよね?

大学の健康診断を受けることをお勧めします。保健センターでは健康診断の結果に基づいて「健康診断証明書」「健康診断書」を就職・受験・留学等で必要な時に発行します。その年の年度末まで、何度でも無料で発行できますので特に就職活動を控えた方は必ず受けてください。(注意!発行については別途詳細を確認してください)