アルコールパッチテスト

日本人の約4割はお酒の飲めない体質だといわれています。飲むと心臓がドキドキ、頭がガンガンして苦しくなる人達です。
アルコールは体内で分解される過程で「アセトアルデヒド」という物質になります。これがドキドキ、ガンガンなどの症状をもたらす元凶。これを分解してくれるのが『ALDH2』です。この『ALDH2』の働き方によって、体質の違いが決まります。
「ぜんぜん飲めない族」、「ホントは飲めない族」、飲みすぎ注意の「危ない族」
これらの「体質の違い」を知って、お酒と賢くつきあいましょう。
アルコールパッチテストは、アルコールに対する体質を判定します。お酒が飲める体質かどうか、この機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。
検査は20分程度で終わります。検査を受けた方には、「体質カード」を発行します。予約制となっておりますので、011-706-5459または5484までお電話ください。
 

担当

吉村 彩(臨床検査技師)
 

アルコールパッチテストの流れ

1.パッチテープ(薬剤のついてないガーゼ付きの絆創膏)に、消毒用エタノールを、数滴しみこませます。
test1.png
 
2.1のパッチテープを上腕内側に貼ります。(日焼けしていない箇所)
test2.png
 
3.資料説明やスクリーニングテストをしながら5~7分待ちます。
test3.png
 
4.パッチテープを剥がして「肌の赤み」を確認します。
test4.png
 
5.さらに5分待ち、再度「肌の赤み」を確認します。
test5.png
 
※4と5の二つのポイントでチェックした「肌の赤み」により、体質判定をいたします。
 
6.「体質カード」を受け取ったら終了です。
test6.png
 
自分の体質がわかったら、他人の体質も尊重して、飲みすぎやお酒の無理強い
などは決してせず、上手にお酒を楽しんで欲しいと思います。
お酒は20歳になってから。