オピニオン Opinion

令和2年度入学者入学式 総長告辞

壇上で告辞を贈る寳金清博総長

 昨年、令和2年4月に入学された皆さん、改めて、入学おめでとうございます。

 昨年は、COVID-19の感染が北海道を始め日本各地で日々拡大していた状況に鑑み、入学式を中止する苦渋の決断をしました。

 現在も、私たちは、COVID-19によるコロナ禍の真っただ中にいます。現在の感染状況を考えますと、入学式を開催して良いものか、私たちも熟慮しました。しかし、皆さんが一同に集まって、本学の歴史や精神を共有する機会を持つことは、かけがえのないものであると考え、一年遅れではありますが、入学式を開催することとしました。

 私は、1973年に北海道大学に入学しました。この年は、残念なことに、学生運動による混乱のため、入学式は行われませんでした。当時は、仕方がないことと諦め、4月にキャンパスに来て、授業を受けはじめ、数年後に学生生活を終えました。

 しかし、今になって、やはり、節目の入学式がなかったことを大変残念に思っています。当然のことながら、当時は、オンラインもなく、私は、大学の公式行事として、大学の歴史や理念、あるいは大学生活を送る心構えを聴く機会を逸しました。振り返ってみて、私の大学生活が、高校生活の延長として漫然と始まったことは、決して良いことではなかったと思っています。

 2年次の授業が始まっている学部もあり、全員の参加はかないませんでしたが、この会場、あるいはオンラインで多くの皆さんに参加いただいたことを嬉しく思います。一年遅れにはなりましたが、この入学式は、後年、人生を振り返った時、皆さんにとって特別なものになるでしょう。

 入学式における総長の告辞は、毎年繰り返される挨拶ですが、社会では注目されるメッセージです。通常、大学の代表者が、新入生に対して、歓迎の意を表し、大学の歴史とその理念を伝達するものです。その意義はもちろん重要ですが、私は、大学自身が、その構成員や社会に対して、その方向性を表明する重要な機会であると考えています。そのため、本日は、まず初めに、北海道大学の概要とその理念を皆さんにお伝えし、その後、皆さんと共に、今後の北海道大学の進むべき方向について確認したいと思います。

 今から145年前の1876年、北海道開拓に資する人材育成のため、欧米の大学に匹敵する高等教育機関を目指して、明治政府により「札幌農学校」が設立されました。ご存知のように、北海道大学の基礎はこの「札幌農学校」です。

 当時は、明治維新を経て、我が国が近代国家へ歩み始めた時期です。幾つもの帝国大学が、ヨーロッパ、特にドイツの大学を手本として、国家の近代化を担う人材育成を目的として、創立されました。

 これに対して、札幌農学校では、リベラルアーツ教育が行われました。札幌農学校において、このリベラルアーツ、すなわち幅広い教養教育を大学教育の原点に置き、農学だけではなく、数学、化学、生物学から語学、歴史学、経済学に至るまで多様な基礎教育が英語により実施されていたことは驚くべきことで、現代においても、極めて先進的なことです。

 以来、北海道大学はリベラルアーツ教育を通して、本学の教育と研究に関わる4つの基本理念を培ってきました。すなわち、未踏の学問領域を探求する「フロンティア精神」、国際人としての素養を身に付け、多様性を尊重する「国際性の涵養」、人間形成の基盤を培う「全人教育」、そして、得られた成果を社会に還元する「実学の重視」です。

 私は、海外を含む多くの大学キャンパスを歩いたことがありますが、北海道大学は、世界で最も美しいキャンパスと、雪に覆われた冬も含め、素晴らしい四季に恵まれております。このように、北海道大学は、その歴史や立地において、オンリーワン、「比類なき大学」です。

宣誓をする新入生

 さて、5年後の2026年に本学は、創基150年の歴史的な年を迎えます。その創基150年に向けて、北海道大学は、「世界の課題解決に貢献する北海道大学へ」と題した近未来戦略を掲げ、不断の改革を行っています。

 「世界の課題解決」という壮大な使命は、自分に貢献できることなどないと考える方もたくさんいると思います。

 ただ、どのような大きな課題であっても、まず、自身の身近な課題を解決することから始まり、その小さな日常の努力が、世界の課題解決に繋がります。近年、「SDGs(持続可能な開発目標)」に取り組む姿勢として、Think Globally, Act Locallyという行動規範が唱えられています。これは、言うまでもなく、世界のことを考えながら、日々、目の前の事柄に一つ一つ向き合うことの大切さを伝えています。

 難しいことではありません。まず、基礎となる広い知識を習得する情報のインプットはもちろん大切です。そして、それに基づく自分なりの整理とアウトプットはさらに重要です。

 自分自身の考えを持つためには、異なる考えを持つ人を排除してはいけません。大学における教育・研究の前提となるのは、diversity、多様性を尊重することです。これが、社会変革、イノベーションを起こす知の拠点として期待されている大学にとって最も重要なことです。

 多様性、diversityという言葉を聞かない日がないほど、現在の世界では多様性が重視されています。ただ、多様であることは決して容易なことではありません。均一な集団、親密な環境は、安堵感を感じやすいものです。他方、多様性は、緊張感を伴うものです。しかし、これから、私たちは、多様性の厳しさと緊張感を経験しつつ、これを克服し、力に変える必要があります。そのためには、単に、海外の文化や人々に触れることばかりでなく、多様な学問領域に触れ、異なる考えの人々と意見を交わすことが必要です。

 幸い、本学には、皆さんの目標となるロールモデルというべき先人がいます。札幌農学校の初代教頭であるWilliam Smith Clark博士が赴任したのは1876年です。これは、アメリカ合衆国建国からわずか100年後、明治維新からわずか8年後のことです。この一人の外国人教師にとって、この極東の小さな国の最北の地は、まさに異国の地であり、多くの困難に遭遇したものと想像します。そうした中でも、クラーク先生は、本学の基本理念である「国際性の涵養」の種を蒔いてくれました。

 また、本学の前身である札幌農学校の第2期生である新渡戸稲造博士は、国際連盟の初代事務次長として国際舞台で活躍しました。

 さらに、内村鑑三や有島武郎は、社会運動や文学活動を通じて、日本社会に大きな影響を与えました。彼らは、社会的弱者や世界の片隅にいる人々に寄り添う精神を私たちに伝えてくれました。

告辞を聴く新入生たち

 現在、私たちは、COVID-19の世界的な流行によるコロナ禍の真っただ中にいます。コロナ禍は、世界中の人にとって大きな試練であり、皆さんの第一学年の大学生活は、コロナ禍の前に皆さんが思い描いていた大学生活とは、かけ離れたものになりました。精神的にも、経済的にも、非常に厳しい一年間であったと思います。

 安易に、このコロナ禍の終息を予測することはできません。しかし、私たちがこの試練を克服する日が来ることは間違いありません。そして、このコロナ禍と同時に、社会が、デジタル・トランスフォーメーション、Society 5.0、持続可能なカーボン・ニュートラル実現へ向けて急速な進展を遂げる歴史上の大きな転換点に、皆さんはいます。次の社会、ポスト・コロナの社会を創っていくのは、間違いなく、ここにいる皆さんです。このコロナ禍での厳しい経験は、今後、未踏の領域に足を踏み入れる皆さんにとって必ずや、大きな力になるものと確信しています。

 最後に、皆さんに、クラーク先生が残された言葉”Girls and boys, be ambitious!”「青年よ、大志を抱け」という言葉を贈りたいと思います。大変有名な言葉であり、短文で覚えやすく、かつ、深い意味を持った言葉です。日本で、このように有名なメッセージを持つ大学は、本学以外に思いつきません。

 ”Girls and boys be ambitious!”、この言葉は、今後の大学生活や人生において、困難に直面した時や、悲しいことがあった時に、皆さんに勇気を与えてくれる生涯にわたる魂の言葉になるでしょう。

 最初に述べたように、総長の告辞は、大学が、その構成員や社会に対してその決意を表明する重要な機会であると考えています。

 こうして、皆さんの前で、話をしている私自身や壇上の役員、あるいは教職員も、この”Ambitious!”の意味を考え続けています。これまで私が述べてきた4つの基本理念、多様性の尊重、そして、デジタル・トランスフォーメーションやSDGsの実現、ポスト・コロナの社会創造などは、私たち北海道大学に関わる全ての人間にとって、lofty ambition、すなわち、高邁なる大志であると思います。皆さんと共に、北海道大学は、創基150年に向けて、日々、新しい高邁な大志の実現に向けて、歩んでゆきたいと考えます。私たちと一緒に進みましょう。

 以上をもちまして、令和2年度入学生の皆さんへの告辞といたします。

 改めて、入学おめでとうございます。

令和3年4月6日
北海道大学総長 寳金 清博