『年報』および『叢書』の冊子体(B5版)の送付をご希望の方は、当館までお申し出下さい。


『北海道大学大学文書館資料叢書』

1 『<翻刻>南鷹次郎講義「園芸学」(平塚直治受講ノート) 上』(2009.3刊行) *2010.7.28.UP

 
2 『<翻刻>南鷹次郎講義「園芸学」(平塚直治受講ノート) 下』
(2010.3刊行)
*2010.7.28.UP 
    <参考資料>・札幌農学校本科卒業生/卒業論文タイトル一覧  
 
             ・札幌農学校カリキュラム一覧  
 

3 『<翻刻>札幌農学校第23期生川嶋一郎日記(1899〜1904年) 』
(2009.6刊行)
*2010.7.28.UP


◇『リテラポプリ』での「北大にゆかりのある人々の言葉」連載   
*2013.1.4.UP

12)「望みの反応を起こさせる鍵のような触媒を探して──科学少年は物理化学界の巨星に 触媒研究所第二代所長 堀内壽郎」(50号、2012年秋)山本美穂子
11) 「私共が最も尊しとする所のものは生命である──人工癌を作り、子宮癌と闘った産科婦人科学講座初代教授 大野精七」(49号、2012年夏)山本美穂子
10) 物理学こそ工業に対し力ある原理と方法を提供する―文学青年は数理物理学者となった―理学第一講座初代教授 池田芳郎」(46号、2011年秋)山本美穂子
9) 「我等は花を楽む 花は自然の珠玉―北海道から台湾へ、未知の植物を求めて―札幌農学校第18期生 川上瀧彌」(45号、2011年夏)山本美穂子
8) 「文化の恩恵は未だ民衆に及ばず、持って生れた生存権さへ自由に行使し得ないではないか─文化生活運動に生涯をかけた消費経済学者─ 札幌農学校第19期生 森本厚吉」(41号、2010年夏)山本美穂子
7) 「平和論を懐けるものは大声咤呼して民心に訴えるべし─札幌農学校生の非戦論─ 札幌農学校第23期生 川嶋一郎」(38号、2009年秋)山本美穂子
6) 「文運の曙光は稍々青年の頭脳に映じ─佐藤昌介、英学を志す 北大初代総長 佐藤昌介(その4)」(37号、2009年夏)山本美穂子
5) 「最高の教育は男子に限るものにあらず、女性にも同様の機会を 北大初代総長 佐藤昌介(その3)」(35号、2009年冬)山本美穂子
4) 「北大経営の舵取り40年 北大初代総長 佐藤昌介(その2)」(32号、2008年冬)井上高聡
3) 「教育・研究一筋に五〇年 北大初代総長 佐藤昌介(その1)」(31号、2007年夏)井上高聡
2) 「音楽界の孤峰、伊福部昭を育てた北の森」(27号、2006年夏)井上高聡
1) 「放埒な青春、そして、それぞれの道へ─漱石が見た橋本左五郎、橋本左五郎が回想した友情─」(25号、2006年冬)井上高聡

 
◇『えるむ』での「北海道大学歴史ノート」連載  *2017.3.14UP 
24)「生誕百六十周年、佐藤昌介の大学観」(153号、2016年12月)井上高聡NEW
23)
「日本最初の学校運動会――札幌農学校遊戯会」(152号、2016年9月)井上高聡

22)
「百三十九年前の新入生の決意――新渡戸稲造が父親に送った手紙」(151号、2016年4月)井上高聡
21)
「北大が東北大学だった時代」(150号、2015年12月)井上高聡
20
「学生たちが受け継ぎ培った校風と理念――学芸会」(149号、2015年8月)井上高聡
19)
「学ぶ」ということと向き合う学校――遠友夜学校(148号、2015年4月)井上高聡
18)開かずの門をこじ開けた闘士加藤セチ――最初の女性の北大生(147号、2014年12月)井上高聡
17)
札幌農学校に留学生がやって来た――北大最初の留学生(146号、2014年8月)
井上高聡
16)
新渡戸稲造夫人メアリーのエルム・アヴェニュー(145号、2014年4月)井上高聡
15)中央ローンにスケート場──氷滑事始(144号、2014年1月)井上高聡 
14)
「新渡戸稲造が後輩たちに語ったこと──感性を育んだ札幌のatomosphere」(143号、2013年8月)
13
「札幌農学校の「実学」を考える(二) 泥くさいナンバー2、南鷹次郎」(142号、2013年4月)井上高聡
12)
「クラーク胸像再建ものがたり」(141号、2012年12月)井上高聡
11)
「札幌農学校の『実学』を考える(一) ブルックスとタマネギ」(140号、2012年8月)井上高聡
10) 
「北大最初の大学入試と萩原朔太郎」(139号、2012年4月)井上高聡
9) 「『都ぞ弥生』のレコード吹き込み」(138号、2011年12月)井上高聡
8) 
「国木田独歩と札幌農学校の交錯(2)─有島武郎『或る女』」(137号、2011年8月)井上高聡
7) 「国木田独歩と札幌農学校の交錯(1)─旧友高岡熊雄との再会」(136号、2011年4月)井上高聡
6) 「平塚直治・直秀親子の研究リレー」(135号、2010年12月)井上高聡
5) 
「SL、キャンパスを走る」(134号、2010年4月)井上高聡
4) 
「トロピカルを日本の食卓に」(133号、2009年12月)井上高聡
3) 
「キャンパスが畑になった時代」(132号、2009年8月)井上高聡
2) 
「大学祭のはじまり─新たな出発の志」(131号、2009年4月)井上高聡
1) 
「北大の歴史は東京から始まった─開拓使仮学校」(130号、2009年2月)井上高聡


《最新号》

『北海道大学大学文書館年報』第12号 2017年3月31日発刊  *2017.5.31UP
◇目次◇ 
【研究ノート】
  内村鑑三と石狩川サケ漁、アイヌ民族  井上勝生
【研究ノート】 
建築一件書類からみた札幌農学校農黌園「家畜房建増」の設計過程 池上重康
【資料】 〔紹介〕佐藤昌介「余の基督者となれる経路」 井上高聡 
【資料】 〔紹介〕「科学は女性にとつて何物にも優る美服である」――女性科学者の先駆者加藤セチの歩み 山本美穂子
【資料】 〔展示〕沿革展示室第一期展示「初期の札幌農学校」

【記録】 
業務記録・業務日誌・利用状況・構成・年報編集



『北海道大学大学文書館年報』第11号 2016年3月31日発刊  *2016.5.12UP

◇目次◇
 

【論文】 
北海道帝国大学と「陸軍現役将校学校配属令公布十五周年記念御親閲拝受式」(1939年) 逸見勝亮

【研究ノート】 
札幌農学校農黌園「家畜房建増」」(1879年)の建築的考察 池上重康

【研究ノート】  
1920年「学位令」下における女性の学位取得状況 山本美穂子

【資料】
 
〔紹介〕十勝アイヌ民族の十勝川共有漁場自営・共有財産取り戻し運動史料
―「十勝外四郡土人関係書類」(北海道大学附属図書館北方資料室所蔵)から―
  井上勝生(解説)


【資料】 
〔紹介〕第2期生太田稲造のイラスト入り書簡に見る札幌農学校(1) 井上高聡(解説)

【記録】 
業務記録・日誌・利用状況・構成・年報編集


『北海道大学大学文書館年報』第10号 2015年3月31日発刊  *2015.7.2UP  

◇目次◇
 

【論文】 1898年「学位令」下における北大教官・卒業生の学位取得   山本美穂子

【研究ノート】 マサチューセッツ農科大学のモデルバーン(1869年建築)について  池上重康

【資料】
 〔紹介〕 札幌農学校教頭W.S.クラーク着任に対する反響  井上高聡

【資料】
 〔目録〕 大島正健・大島正満・大島智夫関係資料  山本美穂子(解題)

【資料】
 〔目録〕 伊藤一隆関係資料  井上高聡(解題)

【資料】
 〔目録〕 平野弥十郎関係資料  井上高聡(解題)

【記録】
 業務記録・業務日誌・利用状況・構成・年報編集

〔編集後記〕 山本美穂子




『北海道大学大学文書館年報』第9号 2014年3月31日発刊  *2014.7.8UP

◇目次◇
 

【論文】 北海道帝国大学(1918年〜1947年)の営繕工事請負について 池上重康

【論文】 北海道帝国大学の専攻生制度について 山本美穂子

【研究ノート】 工学部学生宮澤弘幸の在学について   井上高聡

【研究ノート】 北大初代農場長南鷹次郎による作物遺伝資源収集と
そのコムギコレクションの近代コムギ遺伝学に対する寄与(補遺)
  常脇恒一郎
 

【資料】
 〔紹介〕総合雑誌『北大季刊』全31号(1951-1969年)総目次  出村文理(解題)

【資料】
 〔展示〕「新渡戸稲造の“homeport”札幌時代」

【資料】
 〔目録〕事務局総務企画部企画課文書(学部等設置申請関係)  山本美穂子(解題)

【記録】
 業務記録・業務日誌・利用状況・構成・年報編集 

〔編集後記〕 山本美穂子


[正誤表]
◇59頁 【使用7-1】上段、後ろから3行目  
誤:「昭和二十一年十二月廿一日」 → 正:「昭和二十年十二月廿一日」
◇65頁 【表8】下から3項目目の期日欄
誤:「2012年10月14日」 → 正:「2012年10月24日」







『北海道大学大学文書館年報』第8号 
2013年3月31日発刊   *2013.4.15UP

◇目次◇
【論文】 北海道帝国大学に入学した沖縄出身者   近藤健一郎

【研究ノート】 札幌農学校開校のころの北海道──三条実美太政大臣北巡を手掛かりに   井上高聡

【資料】〔紹介〕開拓使仮学校生徒戸澤鼎回想録(抄)   井上高聡

【資料】〔展示〕「北大生の学生群像」第3期   山本美穂子

【資料】〔目録〕東北帝国大学農科大学・北海道帝国大学簿書  井上高聡(解題) 

【記録】 業務記録・業務日誌・利用状況・構成・年報編集

〔編集後記〕山本美穂子



『北海道大学大学文書館年報』第7号 2012年3月31日発刊   *2012.6.21UP
 
◇目次◇
【論文】 札幌農学校開校(1876年)の経緯  井上高聡

【論文】 戦前期の北大関係者と移植民教育──移植民学校への関与を中心に── 大熊智之  

【研究ノート】 北海道帝国大学理学部へ進学した日本女子大学校卒業生たち  山本美穂子

【資料】 〔展示〕「台湾に渡った北大卒業生たち」第1期・第2期・第3期

【資料】 〔目録〕唐澤隆三・冨美子関係資料    山本美穂子(解題)

【資料】 〔目録〕上田誠吉旧蔵宮澤・レーン事件関係資料    井上高聡(解題)

【記録】 業務記録・業務日誌・利用状況・構成・年報編集

〔編集後記〕 井上高聡・山本美穂子



『北海道大学大学文書館年報』第6号 2011年3月31日発刊  *2011.4.22UP

◇目次◇
【論文】  北大初代農場長南鷹次郎による作物遺伝資源収集とそのコムギコレクションの
近代コムギ遺伝学に対する寄与   常脇恒一郎

【論文】  台湾に渡った北大農学部卒業生たち   山本美穂子  

【論文】  北海道帝国大学における中国人留学生の留学生活    許晨  

【研究ノート】 北海道帝国大学へ進学した東京女子高等師範学校卒業生たち  山本美穂子

【研究ノート】 戦時下、時代に棹さした北大生宮澤弘幸、再論
─逸見勝亮「宮澤弘幸・レーン夫妻軍機保護法違反冤罪事件再論」評─  井上勝生 

【資料】 〔資料〕 札幌農学校・東北帝国大学農科大学・北海道帝国大学留学生一覧   許晨

【資料】 〔資料〕 渡台した札幌農学校・東北帝国大学農科大学・北海道帝国大学農学部卒業生一覧

【資料】 〔展示〕 森本厚吉点描─札幌農学校受験から北海道帝国大学離任まで─

【資料】 〔展示〕 平塚直治・直秀の「銹菌研究」来し方─宮部金吾との師弟結びつきを中心に─

【資料】 〔目録〕 堀内壽郎関係資料    山本美穂子・石垣佳奈子(解題)

【記録】  業務記録・業務日誌・利用状況・構成

〔編集後記〕 逸見勝亮




『北海道大学大学文書館年報』第5号 2010年3月19日発刊 *2010.8.13.UP

◇目次◇
【論文】  札幌農学校第23期生川嶋一郎の学生生活─学業・遠友夜学校・ロシア文学─   山本美穂子 

【論文】   北海道帝国大学の中国人留学生   許 晨  

【研究ノート】 北海道大学総合博物館旧第二農場所蔵農具コレクション<鍬>について(補遺)   池上重康

【研究ノート】 北海道帝国大学へ進学した東京女子大学生たち 山本美穂子 

【研究ノート】 〔北海道大学の歴史を学んで〕愛され続ける寮歌─都ぞ弥生─   倉 千晴

【調査報告】  宮澤弘幸・レーン夫妻軍機保護法違反冤罪事件再考
─北海道大学所蔵史料を中心に─       逸見勝亮 

【資料】 〔展示〕 「北大生の学生群像」第1期・第2期(附属図書館・大学文書館共催企画展示)

【資料】 〔目録〕 川嶋一郎関係資料   山本美穂子(解題)

【資料】 〔目録〕 林善茂関係資料   井上 高聡(解題)

【記録】  業務記録・業務日誌・利用状況・構成

編集後記〕 逸見勝亮


[正誤表]
4頁  表3       誤:土木工学(教授):宍戸乙熊 →  正: 森林学(教授):宍戸乙熊
81頁 11行目 誤:守屋美賀雄教授→正:守屋美賀雄助教授
82頁 19-20行目 
正(訂正文):1942年9月理学部卒業後、桂田佳枝は、助手として研究を続けた。
83頁 表4の1942年 
誤:1942年北海道帝国大学理学部数学科副手
→正: 1942年北海道帝国大学理学部数学科助手
83頁 表4の1945年→ 削除
153頁 明峰正夫   誤:北海道出身  → 正: 愛知県出身
184頁 図の番号   誤:図10→正:図9、誤:図12→正:図10、誤:図10→正:図11、誤:図9→正:図12




『北海道大学大学文書館年報』第4号  2009年3月31日発刊  *2010.8.13.UP

◇目次◇
【論文】 札幌農学校植民学と有島武郎――『星座』と千歳川アイヌのコスモス――  井上勝生

【論文】 北海道帝国大学農学部の選科制度について  山本美穂子  

【研究ノート】 北海道大学農学部学生運動史  藤原一暢

【研究ノート】 北海道大学総合博物館旧第二農場所蔵農具コレクション<鍬>について 池上重康

【資料】 〔紹介〕伊藤誠哉学長の式辞
―「明治節」「憲法発布記念式」「体育祭・文化祭」―  井上高聡 (解題)  

【資料】 〔目録〕受講ノート―札幌農学校生の学業記録―  山本美穂子・井上高聡
                                                
【記録】 業務記録・業務日誌・利用状況・構成 

編集後記〕 逸見勝亮


[[正誤表]
59頁 4行目                             115頁 No.00125 記載資料名
正  主席                               正 White Stone Village
誤  首席                                誤 White Stone Villege
106頁 No.00049 資料登録名                  134頁 1年目第1期
正  J.C.カッター講義「英文学」(高岡直吉受講)       正 English Clark, Algebra Wheeler
誤  J.C.カッター講義「英文学」(高岡熊雄受講)       誤 English Wheeler, Algebra Clark





『北海道大学大学文書館年報』第3号  2008年3月31日発刊  *2010.8.13.UP

◇目次◇
【論文】 開拓使仮学校の設立経緯    井上高聡

【論文】 佐藤昌介の女子高等教育論―北海道帝国大学における女性の入学をめぐって―  山本美穂子
                                          
【論文】 〔特別寄稿〕★開拓使別海缶詰所    戸田博史

【研究ノート】 七大戦創設と1人の北大生    吉國秀平

【研究ノート】 「北海道大学の歴史」を開講して    近藤健一郎

【資料】 〔紹介〕 佐藤昌介「米国通信」(『大東日報』) 逸見勝亮

【資料】 〔翻刻〕 中島九郎1945年日記(下)   翻刻:越山澄子、補筆:山本美穂子、解題:井上高聡

【資料】 〔目録〕 中島九郎関係資料  

【資料】 〔目録〕 財団法人仙台学寮関係資料   解題:杉野目浩 

【記録】 業務記録・業務日誌・利用状況・構成

編集後記〕 逸見勝亮







『北海道大学大学文書館年報』第2号  2007年3月30日発刊  *2010.8.13.UP

◇目次◇
【論文】 平塚直治受講ノート(西信子・西安信氏寄贈)をめぐって―札幌農学校第14期生の学業史―   山本美穂子

【論文】  札幌農学校の再編・昇格と佐藤昌介 逸見勝亮

【資料】 〔翻刻〕 中島九郎1945年日記(上)  翻刻:越山澄子、補筆:山本美穂子、解題:井上高聡

【資料】 〔紹介〕 桑園博士町『村会日誌』   池上重康 

【資料】 
〔目録〕 北海道大学工学部旧鉱山学科実習報文一覧(1926-1975年)  角哲、池上重康、砂本文彦、中江研 

【記録】 業務記録・業務日誌・構成 *

〔編集後記〕 
井上高聡 (*よりネット閲覧可)








『北海道大学大学文書館年報』第1号 2006年2月28日発刊 *2010.8.13.UP

◇目次◇
創刊の辞 逸見勝亮

【講演】 国立大学文書館の現状と課題 西山伸

【論文】 北海道帝国大学理学部における女性の入学 山本美穂子

【資料紹介】 伊藤誠哉総長の祝辞―北海道出版文化記念式典(1947年)において― 出村文理

【記録】 業務記録・業務日誌・構成 *

〔編集後記〕 井上高聡 (*よりネット閲覧可)

 

《ブックレット製作》 (2014.6.26)UP 
ブックレット『新渡戸稲造ストーリー 札幌農学校からの行路』
編集・製作: 北海道大学大学文書館
発行:北海道大学新渡戸カレッジ

発行日: 2014年3月31日

[正誤表] 34頁に誤記がございました。関係者の皆様にお詫び申し上げます。  
誤:森本厚吉は、稲造に憧れて札幌農学校に入学するために、福井県敦賀から札幌にやってきた。
正:森本厚吉は、稲造に憧れて札幌農学校に入学するために、東京から札幌にやってきた。


《増補復刊図書のご案内》
(2011.8.23)UP 
『佐藤昌介とその時代[増補・復刊]』
著者: 佐藤昌彦
 編者: 北海道大学大学文書館
出版: 北海道大学出版会
発行: 2011年8月14日
ISBN: 978-4-8329-3378-1
定価: 2,520円(税込)

北海道大学の前身札幌農学校を第1期生として卒業し、その後40年近くにわたり、母校の校長・学長・総長を務めた佐藤昌介は、北海道大学135年の歴史において、他を圧した存在です。
創基135年を迎え、当館では、佐藤昌彦『佐藤昌介とその時代』(玄文社、1948年)を再編集し、佐藤昌介自身の回想・米国留学時代の文章記事、逸見勝亮名誉教授の研究論文、佐藤昌介主要論著一覧・略年譜を加え、本書を刊行しました。
是非、ご一読ください。

第一部 佐藤昌介とその時代/佐藤昌彦
第二部 回想/佐藤昌介
第三部 米国通信/佐藤昌介
第四部 札幌農学校の再編・昇格と佐藤昌介/逸見勝亮