ホーム > イベント > 特別講演「有珠山における火山噴火予知とそ...


特別講演「有珠山における火山噴火予知とその防災対策」【大学院工学研究院】

  大規模自然災害の防災に関して、2000年の噴火の記憶も残る有珠山の噴火予知とその防災対策をテーマに、自然災害科学・防災学の専門家及び災害時救急医療の専門家をお招きして、災害予知、災害時における避難、災害後の復旧・復興の概要及び災害医療・搬送システムの基本概念、噴火時の緊急医療体制・患者搬送システムについて広く一般市民向けの講演を行います。

日時:平成29年9月13日(水)10:30~12:00

場所:北海道大学工学部フロンティア応用科学研究棟2階レクチャーホール (札幌市北区北13条西8丁目)

     地下鉄南北線北12条駅より徒歩10分、JR札幌駅北口より徒歩20分

主催:一般社団法人日本原子力学会

参加対象・募集人数:一般市民200人

参加費:無料

言語:日本語

プログラム:「有珠山噴火およびその防災対策の概要」

        講師:大島 弘光 特任准教授(北海道大学大学院理学研究院)

        「有珠山噴火時の緊急医療体制」

        講師:成松 英智 教授(札幌医科大学医学部)

        座長:古坂 道弘 教授(北海道大学大学院工学研究院)

申し込み方法:参加登録は必要ありません。ご自由に参加ください。

ポスター、詳細はこちら

お問い合わせ先:小崎 完 教授(北海道大学大学院工学研究院 エネルギー環境システム部門)         

           Tel: 011-706-6687 E-Mail: kozaki@eng.hokudai.ac.jp

volcano_1.jpg

ページの先頭に戻る