イベント

ホーム > イベント > 第11回 応用倫理・応用哲学研究会「哲学...

第11回 応用倫理・応用哲学研究会「哲学と「現実」世界:哲学者はコンサルタント・アドバイザーとしてどのような働きをすることができるのか」開催のお知らせ【応用倫理・応用哲学研究教育センター】

日時:2019年6月19日(水)17:00-19:00

場所:北海道大学 人文・社会科学総合教育研究棟 W409室

講師:Dr. Thomas Wilhelm(Projekt Philosophie Public Philosopher, Coach, Author)

演題:Philosophy and the "real" world: How Philosophers can work as consultants and advisors

使用言語:英語

※参加自由(事前申込不要)

 

このセミナーでは、ドイツ人哲学者のトマス・ヴィルヘルム氏に、25年間に及ぶ「哲学コンサルタント」としての経験をもとに、哲学者はどのような価値をビジネス界や社会に提供できるのか、哲学がコンサルティングにふさわしいのはなぜなのか、ということをお話ししいただきます。

・哲学者は学界の外の人々にどのようなサービスを提供できるのか?
・なぜ哲学はコンサルティングに適しているのか?
・哲学者はどのように未来のリーダーを育てることができるのか?
・哲学者はどのような領域で公共社会に価値をもたらすことができるのか?
・哲学コンサルタントに必要なスキルとは?

ヴィルヘルム博士のコンサルタント・アドバイザーとしての仕事の中から、いくつかの事例をもとにお話ししていただきます。

 

In this talk Thomas Wilhelm will explain what kind of value philosophers can bring to the world of business or society as a whole. Based on his 25 years experience as a philosophical consultant he will describe why philosophy is especially apt for consulting. He will address the following questions:

- As philosophers, what kind of service can we offer outside the academic world?
- What makes philosophy particularly suitable for consulting?
- How can philosophers coach and educate future leaders?
- In which areas can philosophers add value to the public world?
- Which skill sets does a philosophical consultant need?

Thomas Wilhelm will present several case studies and examples from his own work as a consultant and advisor.

お問い合わせ:
北海道大学大学院文学研究院 応用倫理・応用哲学研究教育センター
Email: caep[at]let.hokudai.ac.jp
URL: http://caep-hu.sakura.ne.jp/