イベント

ホーム > イベント > 第3回 人間知・脳・AIセミナー「経験を...

第3回 人間知・脳・AIセミナー「経験を伝えること/経験を共有すること」開催のお知らせ【人間知・脳・AI研究教育センター(CHAIN)】

日時:2019年9月17日(火)10:00-18:00

場所:北海道大学 人文・社会科学総合教育研究棟 W202室

ワークショップ提題者(所属、専門分野):
 ●新川拓哉(Institut Jean Nicod / 北海道大学、心の哲学・意識の哲学)
 ●宮原克典(University of Wollongong、現象学)
 ●山田圭一(千葉大学、心の哲学・認識論)
 ●村田藍子(NTTコミュニケーション科学基礎研究所、心理学)
 ●笠原俊一(Sony Computer Science Laboratories、情報科学・工学)

指定討論者:
 ●渡邊 克巳(早稲田大学理工学術院、認知科学)

タイムテーブル:
 10:00-10:10 ワークショップの趣旨説明
 10:10-11:00 新川拓哉「みんなの経験をもっとよく知るために」
 11:10-12:00 山田圭一「感覚は言語によってどこまで伝えることができるのか」
 12:00-13:30 昼食休憩
 13:30-14:20 村田藍子「身体情報に基づく情動経験の共有」
 14:30-15:20 笠原俊一「視点映像の共有と体験の共有」
 15:30-16:20 宮原克典「道徳的共感と認識において謙虚であること」
 16:30-18:00 指定討論者によるコメントとフロア全体でのディスカッション

※ワークショップの趣旨、プログラム、提題者のアブストラクトは下記からご覧いただけます。
 http://caep-hu.sakura.ne.jp/event/file/workshop19-2.pdf

※参加自由(事前申込不要)

オーガナイザー:新川拓哉(Institut Jean Nicod / 北海道大学)
連絡先:niitaku11[at]gmail.com ([at]をアットマークに置き換えて送信してください)

主催:科研費基盤C「意識の構造についての神経現象学的研究」(18K00032 代表者・新川拓哉)
共催:北海道大学人間知・脳・AI 研究教育センター(CHAIN)(https://www.chain.hokudai.ac.jp/)、北海道大学文学研究院哲学倫理学研究室、新学術領域研究(研究領域提案型)「トランスカルチャー状況下における顔身体学の構築―多文化をつなぐ顔と身体表現」
後援:北海道大学大学院文学研究院 応用倫理・応用哲学研究教育センター(http://caep-hu.sakura.ne.jp/