イベント

ホーム > イベント > 【オンライン開催】学術講演会「感染症との...

【オンライン開催】学術講演会「感染症との共存の現在と未来」開催のお知らせ【研究推進部研究振興企画課】

【概要】
11月7日(土)1330分から,学術講演会「感染症との共存の現在と未来」をオンラインで開催します。

【趣旨】
COVID-19の世界的な拡大により、経済活動、生活様式、教育の在り方など、様々な面で大きな変革が求められています。一方、COVID-19への対応の裏で、他の多くの感染症問題が後回しにされていることに、多くの専門家が警鐘を鳴らしています。
現在、どのような感染症が問題となっており、またCOVID-19との共存に向けてどのようなパラダイムシフトが起こっているのか、専門家を交え情報の共有を行うとともに、これからの社会について考えます。

【日程】 令和2年11月7日() 1330分~1700

【主催】 日本学術会議北海道地区会議、北海道大学

【対象】 一般市民

【参加費】 無料

【言語】 日本語

【プログラム】
1.講演
 山野 公明(北海道立衛生研究所感染症センター感染症部 部長)
 「北海道の風土病・エキノコックス症への取り組み」

 迫田 義博(北海道大学獣医学研究院 教授)
 「深刻化する国内の豚熱(CSF)と差し迫るアフリカ豚熱(ASF) の脅威」

 神谷 亘(群馬大学医学部 教授)
 「コロナウイルス感染症」

 苅和 宏明(北海道大学獣医学研究院 教授、人と動物の共通感染症研究会 会長)
 「生態系の中に存在する病原体と人間」

2.総合討論・質疑応答
 座長:吉岡 充弘
 (日本学術会議第二部会員・北海道地区会議代表幹事、北海道大学大学院医学研究院長)

 (司会進行)石塚 真由美(日本学術会議第二部会員、北海道大学大学院獣医学研究院教授)

201016_event2_QR.png【申込方法】
11月5日()までにウェブにてお申し込みください。https://hokudai.webex.com/hokudai/onstage/g.php?MTID=e0835a57c4b43b93235dc99493d53db91

201016_event2_poster.jpg