衛生工学・環境工学教育基金

pro_enveng_top

衛生工学・環境工学教育基金について

北海道大学工学部環境工学コースは、昭和32年に日本初の環境工学を教育研究する学科である衛生工学科として開設以来、国内外の衛生・環境問題の解決と改善に貢献する約3000名もの人材を輩出してきました。環境工学コースではこれからも全国より環境工学を学ぶ意欲の高い学生を募り、より一層充実した教育研究環境の中で豊かな学生生活を送ってほしいと考えております。このため、令和4年度より新入試制度(フロンティア入試タイプII)を導入するとともに奨学金給付を開始し、さらに学部教育用設備の更新や博士後期課程に進学する学生への経済的支援にも着手しました。これらの取り組みにより学生達の夢や可能性を広げ、環境工学コースの社会貢献を拡充したいと考えております。つきましては、この趣旨にご理解いただき、ご賛同いただける皆様におかれましてはご支援・ご協力を賜りたく、衷心よりお願い申しあげます。

【寄附金の種類】
企業:一口 50万円
個人:一口  1万円

enveng_about01

基金の使途

次代を担う若い世代の人材育成を継続的に行い,環境工学コースの社会貢献を拡充します。

  1. 環境工学コースに所属する学生への奨学金給付
  2. 博士後期課程に進学する学生への経済的支援
  3. 学部教育用設備の更新

    これまでに、令和4年および令和5年に環境工学コースに「フロンティア入試 TypeII」で入学した計10名の学生への奨学金として基金を使用させていただきました。

ご寄附の特典

pro_eisei_gift01
  1. 個人:銘板への記載(寄付者全員)、記念バッジ(一定額(通算5万円以上)寄付者)
  2. 法人:銘板への記載、感謝状、環境工学コース行事への特別案内

その他「北大フロンティア基金」の特典が適用されます。

設置責任者
工学部環境社会工学科 環境工学コース コース長 (令和5年度)教授
岡部 聡
Satoshi Okabe
今年度寄附総額
550,000円
累計寄附総額
32,030,000円
(令和6年6月24日現在)

寄附者のコメント

匿名希望 様

地域に根差した衛生工学の研究の深化を期待しております。

匿名希望 様

衛生工学・環境工学における最先端研究,技術者・研究者の教育において益々のご発展をお祈り申し上げます。

田名部直勝 様

ご卒業し、上下水の業界でご一緒に仕事ができることを楽しみにしながら、少しでもお役にたてればと思い寄附させていただきました。

匿名希望 様

世界規模で頻発する環境問題に日々取り組まれている、皆様の研究の一助になれば幸いです。