水産学部学生応援プロジェクト

pro_top18

水産学部学生応援プロジェクトについて

北海道大学水産学部は、創基から110余年にわたり、水産・海洋関連分野で活躍する人材を多数輩出してきました。そして、これからの学生の学びの環境を維持し、さらに充実させるためには、特に以下の3項目について、皆様方からのご支援が必要です。

1. 老朽化した水産学部図書館と水産科学館(旧水産資料館)を合築・新営(令和4~5年度重点支援)
2. オンライン教材の充実による時間と場所を選ばない学修環境の整備(令和5~6年度重点支援)
3. 水産学部特有の教育の象徴となる練習船おしょろ丸・うしお丸への支援(令和6~8年度重点支援)

なお、御寄附いただいた方には水産学部独自のささやかな返礼品をご用意しております。

suisanouen-about

基金の使途

水産学部の学生の修学環境の充実に使用します。

  1. 水産科学未来人材育成館(令和5年度竣工予定)における設備等の整備
  2. オンライン教材の充実
  3. 練習船おしょろ丸・うしお丸への支援

ご寄附の特典

suisanouen-gift_2

寄付額に応じて、水産学部独自の返礼品をご用意しております。

※返礼品は約1年でリニューアル予定です。ご寄附のお申込み日によっては、リニューアル後の返礼品になる可能性がございます。詳しくは特設サイトをご覧下さい。

その他「北大フロンティア基金」の特典が適用されます。

suisanouen-face
設置責任者
大学院水産科学研究院長 教授
都木 靖彰
Yasuaki Takagi
今年度寄附総額
581,000円
累計寄附総額
5,436,000円
(令和4年7月4日現在)

寄附者のコメント

五十嵐恵一郎 様

わたくしは勉強以外が忙しくて卒業できなかった不真面目な学生でした。中退の後外資系医療機器メーカの営業として、厳しいビジネスの世界で生きぬき今は年金生活者です。水産学部に在籍して取得した単位は少ないですが、学んだことはろいろありビジネスマン生活を生きぬくのに大変役立ちました。

大熊成美 様

水産学部の博物館、新設を応援します!学生時代、何度も足を運び楽しませてもらいました。珍しい標本や剥製もあり、海の中の生物へ想像力と魅力をかきたてられました。夢が詰まっています。是非とも復活してほしいです。がんばってください!

大橋人司 様

私は現在大阪に在住しておりますが、こちらでは何かと「近畿大学」の話題やニュースが多く、北大卒業の小生としては歯がゆい思いをすることが多々あります。北水も近大に負けず、北大水産ここにありという意気込みで頑張ってください。

渡辺研二 様

世界に通用する人材の育成に役に立てば。