研究グループ

臨界期における脳機能発達研究グループ

DNAに刻み込まれた遺伝子の機能発現調節により,その動物種に固有で画一的な初期シナプス回路の形成が保障されています.しかし,初期シナプス回路は過剰で混線が多く,機能的にも未熟です.

大脳皮質が発達している哺乳類,とりわけヒトの脳機構の成熟には,臨界期と呼ばれる感受性の高い生後早期に,適切な経験や環境刺激を受容し,それに応じた回路改築が起こることが重要です.この改築過程において,活性化された(使われた)シナプスが強化され,そうでない(使われなかった)シナプスは除去されることにより,高度に発達し個性的な脳機構が成熟します.

この研究グループでは,遺伝子制御と環境的修飾という観点から,臨界期における脳機能発達のメカニズムを分子・回路・システム・個体の各階層レベルで追求しており,主に次のような研究トピックがあります.

  • 小脳シナプス回路発達の分子基盤
  • 生物時計の発達 : その可塑性と臨界期
  • 臨界期常道ストレスと行動変化
  • Methamphetamineによる行動監査現象

コミュニケーションの発達研究グループ

言語コミュニケーションはヒトが成長していく過程で獲得する人間特異な能力ですが,その獲得には実は言語以前の非言語のコミュニケーション,さらにはより基礎的な認知過程の発達が深くかかわっていると考えられます.脳は他者との相互作用の方法をその発達の過程で学び,次第に優れたコミュニケーションを実現するようになります.コミュニケーションは歴然とした脳の過程であり,その理解はそのまま脳の知的発達の理解につながります.

この研究グループでは,教育学,心理学,言語学,情報科学,といった分野の研究者が,心理実験や,脳は,事象関連電位,近赤外分光法,fMRIなどの脳機能測定,データの数理的解析,現象の計算モデル化,脳神経的計算モデルによる実現といった多様な方法を融合させてコミュニケーションの発達の理解を目指しています.主に次のような研究対象があります.

  • 脳内モジュールの統合と相互作用
  • 計算論敵他者モデルの構築
  • 幼児期の認知と情動の脳内過程

先端計測研究グループ

↑ページの先頭へもどる