新着情報

ホーム > 新着情報 > お知らせ > 【記者会見】グローバル人材を育成する「新渡戸カレッジ」を創設

【記者会見】グローバル人材を育成する「新渡戸カレッジ」を創設

 北海道大学は、基本理念である「フロンティア精神」、「国際性の涵養」、「全人教育」及び「実学の重視」の精神を基に、全12学部の学生(入学定員約2500人)の中から選抜された200名を「国際社会の中で日本人としての自覚を持って生き抜くリーダー」として育成するとともに、教育課程の体系化・国際通用性の向上、教員のグローバル教育力の向上、事務体制の国際対応能力の向上等北海道大学全体の国際化を進展させることを目的とした①特別教育プログラムであり、②人材育成ネットワーク形成プログラムである「新渡戸カレッジ」を創設します。
 

詳しくは、記者発表資料をご覧下さい。
記者発表資料(PDF)pdf

 

(備考)
1.北海道大学の入学試験制度に変更はありません。また、学部・学科等への所属は現行どおりです。
2.新渡戸カレッジへの参加希望者は、北海道大学への入学決定後に別途、参加希望を出し、英語力をはかるプレイスメントテストを受けることになります。
3.北海道大学入学前に英語力を測定することはありません。

 

120926_pr.JPG

記者会見の様子 左から
山口 淳二(北海道大学教育改革室役員補佐)
佐伯  浩(北海道大学総長)
杉浦 秀一(北海道大学国際本部副本部長・留学生センター長)

 

2012.9.26
総務企画部広報課