ホーム > 新着情報 > お知らせ > 名和総長に忠北大学校(韓国)から名誉工学博士号が授与されました


名和総長に忠北大学校(韓国)から名誉工学博士号が授与されました

 8月23日(水),忠北大学校の開新文化館で2016学年度後期学位授与式が行われ,名和豊春総長に名誉工学博士号が授与されました。名和総長は工学分野の教育及び研究並びに大学経営及び日本の高等教育発展に大きく寄与した功労が特に評価されました。

 忠北大学校は,韓国忠清北道清州市に位置する拠点国立大学校の一つであり,韓国大学校の学生満足度調査においては,3年連続1位に輝いた実績があります。本学との大学間交流協定は2013年1月に結ばれましたが,共同シンポジウムやインターンシップによる学生交流などの活動は,2001年から工学部を中心として活発に行われてきました。

 名和総長は,受賞スピーチにおいて,忠北大学校が1951年の開学以来,輝かしい伝統を築いてきたこと,また,グローバル化に対応し,多くの優秀な人材を輩出していることに敬意を表すること,最後に,名誉工学博士号を賜ったことに対し心から感謝を述べられました。

(国際部国際連携課)

ページの先頭に戻る