ホーム > 新着情報 > お知らせ > 名和総長が東方経済フォーラム及び日露学生フォーラムに参加しました


名和総長が東方経済フォーラム及び日露学生フォーラムに参加しました

 2017年9月5日(火)~7日(木)、ロシア連邦ウラジオストク市にて開催された第3回東方経済フォーラム及び日露学生フォーラムに、名和総長が出席しました。

 東方経済フォーラムはロシア極東地域における海外投資の促進、国際ビジネスの活性化等を目的としたフォーラムで、毎年、本学の協定校である極東連邦大学を会場として実施されています。本フォーラムには日露両国の首脳をはじめ、世界各国から政府・経済及び教育関係者が集まりました。
 名和総長は、9月5日~6日に本フォーラムの一環として実施された「The 6th APEC Conference on Cooperation in Higher Education」の、第2セクション「Developing APEC Education Strategy」に、パネリストとして参加しました。発表では、本学の教育・研究や今後のロシアとの交流計画等について紹介し、発表後には関係者と今後の日露交流や教育について活発な意見交換を行いました。
 また、日露ラウンドテーブルや安倍首相の懇談会にも出席し、今後の日露交流について意見を交わしました。

 日露学生フォーラムは、9月4日(月)~5日(火)に同じく極東連邦大学を会場として、東方経済フォーラムと並行するかたちで実施されました。本学生フォーラムは、日露の若い世代が議論し相互理解を深め、両国の未来に向けた提案を行うことを目的として開催されたもので、日本の12大学から16名、ロシアの2大学から8名の学生が参加しました。
 参加学生は9月4日にそれぞれの専門分野を軸に議論を交わした後、5日のプレナリーセッションにて、日露関係の未来に向けての提案を「日露学生フォーラム提言」にまとめ、発表しました。9月6日には参加学生が安倍首相を表敬し、同提言を手交しました。安倍首相からは、今後の日露関係における若い世代への期待のお言葉をいただきました。
 名和総長は5日の学生フォーラムプレナリーセッションに出席し、学生からの提言について、ユーモアを交えて激励のコメントを送りました。また、6日の安倍首相表敬にも同席し、学生たちが日露交流についての想いを安倍首相に話す様子を温かく見守りました。

<学生からの提言書>(PDF)

首相官邸ホームページ「東方経済フォーラム出席等-1日目-」 

外務省ホームページ「日露学生フォーラム参加者による安倍総理大臣表敬」 

文部科学省facebook

文部科学省ホームページ「日露学生フォーラム(ロシア・ウラジオストク)開催 安倍総理に日露交流推進案を提案」
 

 1_170928.jpg  2_170928.jpg

  1)APECでのプレゼン                      2)日露学生フォーラムプレナリーセッションでの講評


 3_170928.jpg  4_170928.jpg 

  3)日露学生フォーラム参加者との記念撮影         4)学生による安倍首相への表敬 
                                        首相官邸ホームページ掲載写真を加工



  

ページの先頭に戻る