ホーム > 新着情報 > お知らせ > 「第1回日露大学協会総会」及び「日露学生フォーラム」を開催


「第1回日露大学協会総会」及び「日露学生フォーラム」を開催

 2018年5月19日(土)と20日(日)の両日,本学学術交流会館及び京王プラザホテル札幌を会場として,第1回日露大学協会総会(第7回日露学長会議)を開催しました。
 総会には,日露大学協会加盟校である日本側21大学,ロシア側11大学の学長や副学長等をはじめ,日露の大学間交流に関心の高い大学や協賛企業なども集まり,約200名近くが参加しました。
 日露大学協会は,日露両国の大学間の交流推進を目的として2009年にスタートした日露学長会議がその前身で,2016年12月の日露首脳会談の際に,両国の高等教育機関の代表の署名により,大学間交流強化のための「日露大学協会」設立についての了解覚書が締結されました。これにより,今回の第1回日露大学協会総会の開催に至りました。
 19日(土)の開会式は,総会主催校として共同議長である名和豊春総長の挨拶から始まり,続いて,来賓である林 芳正文部科学大臣,堀井 学外務大臣政務官,高橋はるみ北海道知事,ファブリーチニコフ在札幌ロシア連邦総領事からの挨拶がありました。引き続き,総会のテーマである「日露経済協力・人的交流に資する人材育成の推進」について,⽇露⾼等教育機関間の⼈的交流の拡充及び⽇露経済協⼒に資する専⾨家の育成に関し,本学の研究者が講演を行いました。 


総会参加者による集合写真

 20日(日)には,ロシア側を代表しモスクワ大学のヴィクトル・アントノヴィッチ・サドーヴニチィ学長から,日露学長会議とロシア学長連盟の歴史について,また,日本側を代表し東海大学の山田清志学長から,東海大学とロシアの大学との学術交流の強化について,それぞれ基調講演が行われました。その後,会場を分け,人材交流,医療健康,地域開発の3つをサブテーマとした分科会に加え,人文社会フォーラムを行いました。各分科会等では,これまでの各大学における実績や交流計画が紹介され,今後の大学間交流の更なる推進に向けた活発な議論が行われました。名和総長とサドーヴニチィ学長は,日露の大学間交流の新しい時代の幕開けという認識で一致し,「今後は,両大学で協働し日露の大学間交流を先導していく」ことを約束しました。
 総会の最後には,分科会における議論や日露学生フォーラムの話し合いの成果を基に共同宣言が行われ,「人材交流委員会」「学生連盟」「専門セクション運営委員会及び専門セクション」を設立すること,若手研究者をはじめとする学術交流を進め,異分野融合や産学連携を進めること,そして次回(第2回日露大学協会総会(第8回日露学長会議))は2019年にモスクワ大学のホストで開催されることが確認され,名和総長とサドーヴニチィ学長が署名しました。


共同宣言を手にする名和総長とサドーヴニチィ・モスクワ大学学長

 18日(金)及び19日(土)には,第1回日露大学協会総会の開催にあわせ,両国の学生同士が直接交流することによる相互理解と友好関係の構築を図るため,日露学生フォーラムを本学学術交流会館で開催しました。フォーラムには,日露合わせて34名の学生が参加し,意欲的かつ長時間に渡り,日露の交流推進について討論しました。19日(土)の日露大学協会総会の中で,日露の学生代表が,林文部科学大臣や在札幌ロシア連邦総領事館コレスニク領事,総会参加の各大学の学長等に,議論の成果を発表しました。学生達からは,日露交流促進・課題解決のために「学生連盟の設立」が提案され,林大臣及びコレスニク領事から賛同と高い評価を得ていました。


日露学生フォーラム学生代表と懇談する林文部科学大臣と名和総長

 さらに,19日(土)には,日露大学協会のロシア側の代表校であるモスクワ大学のサドーヴニチィ学長に対し,これまでの本学との交流実績に加え,両国の人材・学術の交流,そして日露大学協会設立への尽力と総会実施等への功績から,「北海道大学名誉博士」の学位を授与しました。

(国際部国際連携課)

ページの先頭に戻る