ユニバーシティ
プロフェッサー

総長から付与される称号。世界的に極めて顕著な教育研究業績を挙げた研究者のうち、長期にわたり北海道大学の教育研究の進展に寄与すると認められた者に与えられます。
2015年にノーベル化学賞受賞者の鈴木章名誉教授が、
2016年に喜田宏 人獣共通感染症リサーチセンター 特別招聘教授 統括が授与しています。

鈴木章ユニバーシティプロフェッサー/名誉教授

鈴木章ユニバーシティプロフェッサー

2019年12月撮影

理学博士。北海道大学理学部卒業。同大学大学院理学研究科博士課程修了。1959年に北海道大学理学部助手、その後同大学工学部助教授を経て、1973年に同大学工学部教授に就任。1994年に北海道大学を退官後も、国内外での講演活動を精力的に行っている。

パラジウム触媒と塩基を用いた、有機物同士を結合させるための化学反応「鈴木クロスカップリング」(1979年)の研究で、2010年にノーベル化学賞を受賞。「鈴木カップリング」は、医薬や農薬、IT機器に不可欠な液晶、有機ELなど、私たちの生活に身近な製品の開発や量産化に大きな貢献を果たしている。

その他 鈴木章ユニバーシティプロフェッサーに関する情報はこちら

喜田 宏ユニバーシティプロフェッサー
/名誉教授/人獣共通感染症リサーチセンター 特別招聘教授 統括

喜田 宏ユニバーシティプロフェッサー

2019年11月撮影

獣医学博士。北海道大学獣医学部卒業。同大学大学院獣医学研究科修士課程修了。1976年に北海道大学獣医学部講師。同助教授、同教授、同大学院獣医学研究科長・学部長などを歴任。人獣共通感染症の研究・教育を抜本的に強化するため,「北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター」の創設に尽力し,2005年に初代センター長に就任。

専門はウイルス学、微生物生態学、人獣共通感染症学。2005年、「インフルエンザ制圧のための基礎的研究-家禽、家畜およびヒトの新型インフルエンザウイルスの出現機構の解明と抗体によるウイルス感染性中和の分子的基盤の確立-」の業績に対し、日本学士院賞を受賞。また、優れた学術上の業績に加え,多くの研究開発プロジェクトのリーダーとして,研究・教育を指揮・統括している。2007年、学術貢献に対して日本学士院会員に選定された。2017年、教育・研究と学術振興の発展に寄与した功績に対し、瑞宝重光章が授与された。同年、「ウイルス学及び国際貢献」の功績により、文化功労者に選定された。

その他、喜田ユニバーシティプロフェッサーに関する情報はこちら